本文へジャンプ

ハイスタの新譜発売について考える

Posted by 浅野竜也

どうも、浅野です。
今回のブログはネタが出なくて死ぬほど悩みましたが、気になった音楽ニュースからちょっと書いてみました。

Hi-STANDARD(通称:ハイスタ)の新譜

先日の10月5日にHi-STANDARD(通称:ハイスタ)の新譜が発売されました。

ハイスタといえば40歳の自分が青春時代に聞いていた伝説のバンド。
そのハイスタが16年半ぶりに新譜を発売したのです!!

それだけでもニュースなのですが、今回は発売時の手法が普通と違っていたのが衝撃でした。

» 動画をYouTubeで見る

手法1:ゲリラ発売

通常のアーティストの場合、新曲発売前にYouTubeやTVなどでプロモーションが行われ、発売時にはすでファンの耳に届いているのが一般的です。
なんなら「あの曲ってまだ発売されてなかったんだ」っていうぐらい耳に入ってくるものもありますよね。

今回のハイスタの新曲が各所で取り上げられたのは発売告知なく、当日いきなりゲリラ発売したからです。

このネット時代では考えられない手法ですが、逆にそのことで大きなインパクトを与えました。

手法2:店頭販売のみ

発売日にデジタルで購入するの一般的になった今、「店頭販売のみ」というのも特徴的でした。
実際にCDショップに足を運ばないと買えない(聞けない)ことも現在の音楽シーンへハイスタからのメッセージが込められているようです。
※10/26以降は通販、デジタル配信開始だそうです。

その結果...

その日のツイート数はこんな感じでした。

Yahoo!リアルタイム検索の結果 68,344件

ゼロプロモーションでこれだけの瞬間風速が出れば大成功と言えるのではないでしょうか。

最後に

我々は、デジタル中心の仕事をしていますが、リアルな活動を通じて、結果的にSNSでなどデジタル上に情報を拡散させることも自分たちの仕事だと思っています。

なので、、、
今回紹介したのプロモーションのようなお仕事あるよー、もしくは提案して!というクライアント様がおりましたらぜひお声掛けください!!
よろしくお願いします!!

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
2017年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
スマートフォンやタブレットに最適化されたWebサイトを制作します。
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr