本文へジャンプ

エラーコード"C800044E"でWindows Updateできなくなったら。

Posted by Masato Okajima

VMware Fusion上で動いているWindows7が、Windows Updateできなくなった。
(エラーコード"C800044E")

最初は、「VM上だから、まぁたまたまでしょ」と放置していたのですが、一ヶ月以上経ったところで、やる気がでてきたので、直すことにした。

いろいろ調べると、同様の悩みのヒトがいたようで。
ただ、出てくるのが英語サイトばかりだったので、自分用の備忘録としてログを残すことにした。

で、エラーコード"C800044E"でググってみると、なんとなく「Windows Update に必要なコンポーネントが破損しているときにでるらしい」ということが分かる。

で渡り歩いてたどり着いた、天下のMicrosoftさまのサイトに載っていた回避策を試す。

『Windows Update のコンポーネントをリセットする方法』
http://support.microsoft.com/kb/971058

がしかし、全く状況変わらず。
というか、リセットされてるかどうかも分からず。

舌打ちしつつ、そのままGoogleしてると、エラーコードは違うが以下のサイトを発見。

【Windows Update または Microsoft Update を使用して更新プログラムをインストールするときにエラー コード "0X80248007" が表示される】
http://support.microsoft.com/kb/958046/ja

が、このページ通りに行うが、エラーが起きる。というか、Windows7は他のOSとディレクトリ構造が違うのか?
「メモ帳に貼り付けてどうこうしろ」と書いてあるがめんどくさいので、手動で以下の通り実施。

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動。
  2. 以下のコマンドを打つ。(1行づつEnterする)

    net stop wuauserv
    cd %systemroot%\SoftwareDistribution
    ren Download Download.old
    net start wuauserv

  3. Windows Updateを実行してみる。(OKなら解決!NGなら次へ)

  4. 以下のコマンドを打つ。(1行づつEnterする)

    net stop wuauserv
    cd %systemroot%
    ren SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
    net start wuauserv

  5. Windows Updateを実行してみる。(OKなら解決!NGなら次へ)

  6. 以下のコマンドを打つ。(1行づつEnterする)

    net stop cryptsvc
    cd %systemroot%\System32\catroot2
    ren catroot2 catroot2.old
    net start cryptsvc

  7. Windows Updateを実行してみる。(OKなら解決!NGなら・・・僕は直りましたので分かりません。)

※あくまで僕の解決法なので、これを読んだ方すべてが直るとも思えませんし、これを実行して、さらに被害が拡大しても、一切責任とれませんので、自己責任で。

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr