本文へジャンプ

映像ディレクターってどんな仕事?

Posted by Yuri Shiomi

小さい頃、大きくなったら何になりたいって思ってました? スポーツ選手? 医者? アイドル???

暖かくなってくると、街でリクルートスーツ姿の若い人たちを見かけることも多く、MONSTER DIVEでも新卒の採用活動が始まっています。

ということで今回は、映像・スタジオ事業部ディレクターのyuriが、僭越ながら「映像ディレクター」について書かせていただきます!

私が「映像ディレクター」になったワケ

まぁどんな仕事もそうですが、他人の仕事って、何だかよくわからないですよね。
時に「そんな仕事があるんだ!」と驚かされることもよくあります。

私自身「映像ディレクター」について、何も知りませんでした。

テレビとか、映画とか作っている人なんだろうな。というぐらいしか思っていませんでした。もちろん「将来、映像ディレクターになりたい」なんて微塵も思っていませんでした。

そんなある日...

当時、大学生だった私は、まあ色々あって人生面白くないな...と、ものすごく暗~い気持ちになっていました。

いわゆる「ひきこもり」状態でした。

そんな中、1本の映画に出会ったのです!!!

...といっても、そんなにオシャレな映画じゃないですよ。

ディズニー映画『アラジン』です。

なんだか見ていたらワクワクしたんです。
ジニーの軽快な登場シーンとか、見ていてとにかく楽しい♪

で、思ったんです。
考えてみたら、映画とかテレビとかって、ものすごく身近なもので人を楽しませてくれる、すごいモノだ!って。だから何でもいいから映像に関わる仕事をして、私も誰かを楽しませたいー!って。

「映像ディレクター」になって良かったところ、悪かったところ

結局、大学は中退して映像の専門学校に行きました。
そして無事、大阪の制作会社に入社し、私の「映像ディレクター」人生が始まりました。

では「映像ディレクター」になってみてどうだったか?

私は現状、楽しく仕事をしています。ただ、勤める会社や、担当する番組によってライフスタイルは全然違います。なので、あくまで一意見として参考にしていただければと思います。

ということで、
私が思う、良かったところ、悪かったところ。

良かったところ

  1. 「仕事何しているの?」と聞かれ「映像ディレクター」と言うと、無条件に「すごい」「かっこいい」と言われる
  2. 有名人に会える
  3. とにかく飽きない

悪かったところ

  1. 時間が不規則で生活リズムが乱れがち
  2. 男勝りになりすぎて婚期を逃す

ただし! 華やかな世界を期待して「映像ディレクター」になると長続きしません。
華やかではない時間の方が多いからです。

そして、婚期を逃しそうという理由で「映像ディレクター」を諦めないでください。
ちゃんと結婚している人もたくさんいます。

不規則でキツそう...というイメージについては間違ってないと思います。
ただ、程度は人それぞれですし、Mr.Childrenも『終わりなき旅』の中でこう歌っているでしょ。

「高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな」

そう! そうなんですよ。

「不規則でキツい→だから嫌だ」

と思うか、

「きょうも帰れそうにないけど
  自分の満足するものができるまで
  とことん頑張るぞー!」

って思うかですよね。

後者の考え方ができる人が「映像ディレクター」に向いていると、私は思います。

どんなことをしているのか?

  • クライアントと打ち合わせをしたり、
  • 台本を書いたり、
  • 出演者の交渉をしたり、
  • 撮影に適した場所を探したり、
  • 撮影に必要なスタッフを調整したり、
  • 撮影に必要な小道具を買いに行ったり、
  • 現場で出演者を笑わせたり、
  • 現場で技術さんに説明したり、
  • 現場でカメラをまわしたり、
  • 映像の編集をしたり...

これも人それぞれですが、つまりは何でもやります!

テレビ→Webへ

ちなみに私、元々はテレビのディレクターをしていました。

なぜ、テレビを辞めてMONSTER DIVEが得意とする「Webと映像の融合」の方へ舵を切ったのかというと、

楽しそうだから!です。

もちろん、テレビのディレクターもやっていて楽しかったです。
ただ、「やってはいけない事」が多く、あまりにも巨大なヒエラルキーの中で窮屈な気持ちになっていました。

その点、Webの世界は「何でもやってみよう!」という精神が強く、テレビ局のような巨大組織がトップにいるわけではないので、クライアントとの風通しも良いです。

クライアントが「やってみたい」と思うことを聞き取り、それがどうしたら見ている人にも楽しんでもらえるかを考える。そんな感じです。


MONSTER DIVEの映像のお仕事は、こちらを見ていただくと少しイメージしていただけるはずです。


なんとなく「映像ディレクター」に興味がある人、
がっつり「映像ディレクター」に興味がある人の参考になればと思い、
書かせていただきました!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr