本文へジャンプ

MATOME 2013 〜MD Creator's Labノ篇〜

Posted by Mizuko Takizawa

「...あれ? 年越しで『笑ってはいけない』を見たのなんて、つい1ヶ月前くらいじゃなかったっけ?」

などという不毛な自問自答を毎年本気で繰り返す魔の季節。THE年の瀬。
嗚呼一体この1年、なにやってたんだか。。。

というわけで、今回は「MATOME 2013 〜MD Creator's Labノ篇〜」と題し、MONSTER DIVEの勉強会「Creators Lab」「この1年なにやってきたか」についてご紹介します。

あ。そもそも「Creator's Lab」というのは、MONSTER DIVEのWebクリエイターチームで開いている社内勉強会のことで、毎月1回、その時々で、流行っているWebツールや新しい見せ方、キテる!技術!などをテーマに、「講義:1時間」「制作:1時間45分」「講評:45分」というスケジュールで、クリエイター陣のスキルアップを目指す時間を設けているのです。

で、そのCreator's Lab。
今月は、今年取り上げてきたテーマから用意された6つのお題(Mission)を、クリエイター陣が挙手制で奪い合い制作するという2013年の総まとめが行われ、「この1年なにやってきたか」を振り返る良い機会となりました。
各Missionの内容とともに、2013年のWebトレンドをさらりと振り返ってみましょう。

Mission A:「API」x 「流行のDesignをオーサリングせよ」

今秋リリースされたMovable Type 6で新しく提供された「DATA API」を使って、流行りのかんじでコンテンツ作っちゃいなよ!というMission。
今回、いち早くこのMissionに名乗りを挙げたRSK氏は、Google Maps APIと組み合わせることで、位置情報を取得しつつ記事の投稿ができる、DATA APIの真骨頂ともいえるWebアプリケーションを開発。
スマートフォンなどの端末で使えば、それはそのまま利用できそうなわけで!
いやはやさすがMTマスターです。

関連URL

Mission B:「自動化・効率化 #1」x 「流行のWebPageをDesignせよ」

今年潮流となった、SCSS(Sass)やBootstrapなどのWebページを効率よく制作するためのツールを導入しつつ、かっこいいWebPageをデザインすべしというこのMission。
担当となったKen.Otsukaは、フラットデザイン、Webフォント、videoタグでの動画埋め込みなど、まさに今年のトレンドを押さえた作品に落とし込んでいました。
コーディングにはSassとGruntを導入したとのことで、このMissionのポイントである「効率化」ももちろん忘れていません。

関連URL

Mission C:「ソーシャルの海へ出よ」x 「API」

いまでは各Webページに当たり前のように設置されている、「いいね!」ボタンなどSNSへの連携ツール。
そのソーシャルボタンをその他のAPIとうまく組み合わせることで、単なるSNS連携から発展させたコンテンツ制作をしよう!というのがテーマだったこのMissionに、「検索(AmazonAPI)」×「投稿(DATA API)」×「ソーシャルボタン」という3段活用を組み込んだMio.Satoh。
その昔、Amazon APIの仕様変更に伴い閉店の憂き目に遭った弊社のWEBサービス「MD-SHOP」復活への布石としてこのMissionに取り組んだとのこと。
新たなWebサービス構築への可能性を感じるMissionとなりました。

関連URL

Mission D「Tabletを意識せよ」x 「流行のDesignをオーサリングせよ」

普及率の拡大とともに、タブレット端末向けサイト制作のご依頼も増え、その需要を改めて実感することとなった2013年。
タブレットファーストのクールなWebページ制作がMissionだったわけですが、フラットデザインの採用、レスポンシブにコーディングして終了となってしまった今回(担当はTakizawa...つまり私です)。
タブレットの操作性を意識した、触りたくなるような動きをつけることが今後の課題となりました。

関連URL

Mission E:「描く」x 「流行のDesignをオーサリングせよ」

HTML5でのCanvas APIのサポートに伴い、画像を用意しなくてもWeb上に「絵」が描ける時代がやってきました。
本物のキャンバスに絵を描くことはお手の物というデザイナーUSSYですが、今回のMissionでは画像を使ったデザイン作業を封印。
Canvas APIで描いた矩形モチーフをjQueryを使って動かし、ソール・バスのタイトルデザインのような、何かが始まりそうな予感漂うコンテンツを制作していました。
対応ブラウザは限られていますが、新しいことしたいときにCanvasってツカエル!のは言うまでもありません。

関連 URL

Mission F:「流行のWebPageをDesignせよ」 x 「Design the MarkUp」

2013年のデザイントレンドといえばやはり「フラットデザイン」
シンプルだからこそ、ページの生成などには効率化を図って、UX/UI設計により一層の時間を掛けたいところ。
畑違いのMissionに苦戦したという技術系クリエイター Junichi Hondaですが、デザインやコーディングのポイントを押さえつつ、ナビゲーション部分にはJSを使ってなめらかな動きをさくっと実現していました。
ユーザーに心地よいアニメーションなどのUXは、ミニマル、フラットなデザインの中でさらに重要な要素となってきています。

関連URL

MATOMEのまとめ

こうして振り返ってみると、2013年Creators Lab的トピックは、「フラットデザイン」「API」「効率化」あたりでしょうか。
ツールや方法の多様化に伴い、イメージした形をどう実現するか、何を削ぎ落とし、何に注力すべきか、そのアプローチはまさに千差万別となってきました。
クリエイター自身でできることが広がり、今後益々、アイデアとテクニックが問われる時代が訪れそうですね。

ぃやはや来年の今ごろは是非とも、「12ヶ月間」感とともに年末を迎えたいものです。
ではでは。皆さま、よいお年をお迎えください。

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr