本文へジャンプ

Google+に「共有(シェア)する」ボタンの作り方

GW特別企画!と勝手に投稿している"ちょっとしたTips"シリーズ第3回。図らずもGoogleネタが続いていますが、Analyticsの小ワザに続いて今回は「Google+」(ぐぐたす)を取り上げたいと思います。

Google+の共有(シェア)するボタン

Facebookのシェアボタン、Twitterのツイートボタンと並んで一般化してきているコレ。
ふつうにそのページ(URL)をシェアするだけなら、特に難しい設定はありません。

  1. Google+ Platformのリファレンスページにアクセス!
  2. ウィザード画面に+1情報(ボタンの内容)、サイズ、言語と、必要に応じてwidthなどを設定。
  3. 出力されたコードをページに配置する。以上!

もう少し細かく設定したいときは、

data-action="share"
data-annotation="none"
data-height="15"

のところにhrefやwidth・heightを指定してあげます。
例えば

  • ボタンエリアの横幅を200pxにして、
  • 1ページのなかに複数のボタンを設置して、それぞれの別々のURLに対してシェアされる仕様にしたい。

といったときは、

▼ボタン1:
data-action="share"
data-width="200"
data-height="15"
data-href="http://www.hogehoge.com/contents1.html"
▼ボタン2:
data-action="share"
data-width="200"
data-height="15"
data-href="http://www.hogehoge.com/contents2.html"

こんな感じ。指定できるパラメータはリファレンスの「共有タグ属性」に記載があります。いろいろ試してみると良いかと!

さらにカスタマイズした共有処理を行いたい!

とはいえ、通常の共有ボタンでは設定できる項目に限りがあります。
例えばインタラクティブなWebコンテンツを共有してもらいたい場合や、共有するダイアログに指定の設定を加えたい時は、ディープリンクもサポートされた「インタラクティブな投稿の共有」を作りましょう。

公式リファレンスページを参考にしつつシンプルに整理すると、次のような手順になります。

アプリIDを登録

  • Google API Consoleにアクセスして、「プロジェクト」>「プロジェクトを作成」をクリック。
  • プロジェクト名を入力する(サイトの名前とか)。プロジェクトIDは任意に決めてもいいし、乱数で割り振られたもののままでもOK。

図1 - Google+ インタラクティブ共有ボタン

  • プロジェクトが作成されたら、プロジェクト名をクリックして「APIと認証」>「API」をクリック。
  • いろいろなGoogleのAPIが並んでいるので、「Google+ API」のステータスを「無効」をクリックして有効にする。

図2 - Google+ インタラクティブ共有ボタン

  • 続いて「APIと認証」>「認証情報」をクリック。
  • 「新しいクライアントIDを作成」をクリック。
  • 「承認済みのJAVASCRIPT生成元」には、この共有ボタンが設定されるドメインを記載します。http/httpsやサブドメインがある場合はすべて記載しましょう。
  • 「承認済みのリダイレクトURI」には、この共有ボタンが実行された後にユーザが戻ってくるページのURLを記載します。

図3 - Google+ インタラクティブ共有ボタン

  • クライアントIDが発行されますので、メモっておきます。

事前準備はここまで。それではページにボタンを配置しましょう。

インタラクティブな共有ボタンを設置する

お決まりのぐぐたすのJSを</body>の直前に設置します。


ボタンを設置する場所に以下の形でソースを記述します。

<button class="g-interactivepost"
data-contenturl="共有されるURL"
data-contentdeeplinkid="/pages"
data-clientid="[9]で発行したクライアントIDを記載する"
data-cookiepolicy="クッキーでいろいろ処理されるのでこのサイトのURL(ドメイン)を書く"
data-calltoactionurl="Google+でこの投稿を見た人がクリックした後に遷移するページのURL。data-contenturlと同じホスト名であること。"
data-calltoactionlabel="※後述します"
data-prefilltext="Google+のダイアログ画面にデフォルトで設定しておきたいテキストを入れる。">
共有ボタンですよ
</button>

この「data-hogehoge」という項目は、設定出来る内容が公式リファレンスページに詳しく定義があります。ちょっと難しいですが、じっくり読んで自分が実現したい仕様を探ってみましょう。

特に「data-calltoactionlabel」で設定する項目は、そのまま共有ダイアログのボタンの名前になります。選択できる値はこちらの公式リファレンスページに一覧があります。
例えば以下のような内容です。

  • 「data-calltoactionlabel="VIEW"」:記事を見る。
  • 「data-calltoactionlabel="WATCH"」:動画を見る。
  • 「data-calltoactionlabel="REVIEW"」:クチコミとかレビュー用。

コンテンツにあったラベルを選んで設定しましょう。

まとめ

Google+では(今のところ)比較的様々なカスタマイズが出来るようにAPIが整備されていますので、フツウの共有ボタンを設置するだけではなく、「もっとこんなふうにシェアしてもらえたら便利かも?」「こんな表現でシェアされたらオモシロイ!」などOne Moreなアイデアがあれば詳しく仕様をチェックして、実現に向けて考えてみると良いでしょう。

#ちなみにFacebook APIのシェア系機能は、徐々に自由に設定できるパラメータが減ってきているような気がします...。

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr