本文へジャンプ

WordPressの怪 - 投稿画面から一部のタグや属性が消えてしまう現象 -

Posted by EMI

どうもどうもこんにちは。
WordPressに関しては冒険者レベル2くらいでヨワヨワな、マークアッパーEMIです。

暑いですね。夏ですね。夏といえば、怖い話ですよね?
今回は、WordPress初心者の私が体験した怪奇現象(違)について書いてみます。玄人な皆様方におかれましては、そんなん常識...と思われるかもしれませんが、ご容赦いただきたく。

先日こんな現象に出会いました

WordPressの投稿画面にある、あのテキストエディタ。
開発担当者のユーザーアカウントにてベースとなるコードを入力・保存して運用担当者に引き継ぎ、以降は運用担当者のユーザーアカウントにて編集・更新をしていくという流れ。
すると...

問題発生

更新のテストをした運用担当者から「なんだか表示が崩れてるんです」との報告が。
投稿画面を見てみると、こちらで入力したコードから、一部の必要なタグや属性が消えています。そりゃ崩れます。もちろん、意図的に消したわけではないもよう。

原因と解決方法

現象について調べてみると、テキストエディタからビジュアルエディタ切り替えるタイミングで、イロイロ消えてしまうらしいということが判明。だからビジュアルエディタは好きじゃないのだ... おっと、なんでもないです。

工程上、切り替える必要はないのですが、まぁ切り替えちゃったんでしょう。
誤操作ということも考えられますし、なんとか切り替えさせずに済む方法、もしくはビジュアルエディタを使用させない方法はないものかと先輩に聞いてみると、「管理画面で簡単に設定できるよ」とのこと。

なんと。『ユーザーの編集』画面の一番上(2017年7月時点)に「ビジュアルリッチエディターを使用しない」というチェックボックスがあるではないですか。超・簡・単♪

ユーザーの編集画面のスクリーンショット「ビジュアルエディター」の項目

そうしたらこんな現象になりました

ビジュアルエディタに切り替えることができなくなったことを確認し、必要なタグや属性を再入力して、改めて運用担当者に編集を引き継ぎます。
すると...

問題再発生

更新された投稿画面を見てみると、以前ほどではないまでも、やはり一部の属性が消えてしまっているではありませんか。
ビジュアルエディタは使えなくなっているままなのに、どうして!?

原因

調査の結果、開発担当者のユーザーアカウントでは問題ないのに、運用担当者のユーザーアカウントだと問題の現象が起こることが判明。
調べてみると、ユーザーアカウントの権限グループによって、使えない(入力はできるけど、保存するタイミングで消されてしまう)タグや属性があるようです。iframeタグとか、scriptタグとか、data-*属性とか...。

あれ、でもおかしいな。いずれのユーザーアカウントも管理者権限。問題ないはず...。

落とし穴

この案件、マルチサイトなんですよ。
シングルサイトだと、管理者もしくは編集者権限であれば問題なく使用できるのですが、マルチサイトだと、ネットワークの特権管理者権限でないとダメらしいのです。なにゆえ!!?

解決方法 その1

運用担当者のユーザーアカウントを特権管理者権限に変更する。

一番簡単な方法ですが、状況によって(例えば運用担当者があまりシステムに詳しくない人である場合など)は、マルチサイトなWordPress全体の特権管理者権限を付与してしまうのは...ちょっと心配...だったりしますよね。

ユーザーの編集画面のスクリーンショット「特権管理者」の項目

解決方法 その2

functions.phpで、使用したいタグや属性を許可する設定を書く。

今回は div要素でdata-*属性を使いたかったので、↓こんな感じに書きました。

function my_wp_kses_allowed_html( $tags, $context ) {
if ( $context === 'post' ) {
$tags['div']['data-abc'] = true;
$tags['div']['data-xyz'] = true;
}
return $tags;
}
add_filter( 'wp_kses_allowed_html', 'my_wp_kses_allowed_html', 10, 2 );

これで、特権管理者権限でなくても、data-*属性を使うことができるようになりました。やったね!

まとめ

テキストエディタって、ビジュアルエディタと違って、好きなようにタグや属性を書くことができるものだと思ってましたが、こんな制限がかけられていたとは。私が無知だっただけとはいえ、けっこう驚きました。

そして、マルチサイトって、けっこう落とし穴が多かったりするので、嫌ですね〜怖いですね〜。通常のシングルサイトでは起こらない怪現象(違)が起きたりするので、要注意です。出回っている情報も(シングルサイトに比べると)少なかったりしますし、謎現象に出会ったら、マルチサイトを疑ってみることも必要かも...。

とはいえ、解決方法がちゃんと存在してくれていたので助かりました。
この問題を乗り越えるのにけっこう時間かかっちゃいましたが...これでWordPress冒険者レベル3くらいにはなれたでしょうかねー?

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr