本文へジャンプ

Creator's Lab、夏の特別編『ディクシット』(Dixit)で頭をリフレッシュ!

Creator's Lab、夏の特別編『ディクシット』(Dixit)で頭をリフレッシュ!

MONSTER DIVEのクリエイターチームが集まって定期的に行っている『Creator's Lab』。いつもはアイデアソンやLTなどを行なっていますが、8月は夏休み直前ということで、いつもとは趣向を変えて、社内のゲーマーご推薦の『ディクシット』(Dixit)という名作ボードゲームを頭のリフレッシュを兼ねてプレイしてみました。

これがまたルールは単純なのですが、深いというか。

まずは『ディクシット』(Dixit)について説明しましょう。

『ディクシット』(Dixit)とは?

『ディクシット』(Dixit)

このゲームは3~12人まで同時プレイ可能。今回はクリエイターチーム+αが集まって4人ずつプレイしました。

まず各プレイヤーは6枚の絵の描かれたカードを場から取ります。

ワード選び

『ディクシット』(Dixit)ワード選び

親になったプレイヤーは自分の手札から1枚選び、そのカードに何かしら「ワード」(言葉、フレーズ)を考えて発表します。この「ワード」は、文章でもいいし単一の形容詞でもなんでもいいという、創造性が求められるところ。この「ワード」選びがゲームのキモでしょうか。

他のプレイヤーは、その「ワード」に合うと思うカードを手持ちの中から選んで、親プレイヤーに絵柄が分からないように渡します。親は、最初に自分が選んだカードに集まったカードを加えた計4枚を、カード置き場に展開して絵柄を全員に見せます。

シンキング&投票タイム

『ディクシット』(Dixit)シンキング&投票タイム

ここからシンキング&投票タイムです。
カード置き場に展開された4枚のカードの中から、どれが親が出したカードかを推測して、投票します。つまりプレイヤーたちは、最初に発表された「ワード」とカードを見比べて、「きっとこのヒトが親なら、このカードでこのワードを付けたんだろう!」と4枚から1枚を推測するわけです。

『ディクシット』(Dixit)投票方法

投票の仕方は、ゲーム開始時にあらかじめ渡された"投票カード"にピンを刺して行います。全員が投票カードにピンを指したら、一斉に投票カードを見せ合います。

勝敗

『ディクシット』(Dixit)勝敗

親は自分が出したカードを公表します。ポイント計算がちょっとむずかしい。

  • 親のカードを、全員が選んだ、もしくは選ばなかった場合、親の一人負け。親以外のプレイヤーにポイントが入ります。
  • 他のプレイヤーが出したカードに誰かが投票した場合、そのカードを出したプレイヤーにポイントが入ります。

親以外のプレイヤーは、ミスリードを招くようにその「ワード」から連想されそうなカードを出すと良い、ってことですね。

攻略のポイント

『ディクシット』(Dixit)攻略のポイント

絵柄から連想する「ワード」が、分かりやす過ぎても、分かりにく過ぎてもダメ。絶妙なワード選びが、このゲームの勝敗の鍵になります。

『ディクシット』(Dixit)をプレイしてみて

『ディクシット』(Dixit)をプレイしてみて

ふだんシゴトを一緒にしている仲間たちの顔色を伺いながら、腹を探りながら、プレイしました。

結果、自分が最下位になりましたので、このブログを書いている次第です。w

自分の場合、他のプレイヤーのことを深読みしすぎて、1人だけ親のカードを読み間違えるという痛恨のミスをおかしてしまったりして...。このゲームの上手い・下手は、参加する他のプレイヤーとの相性も関係してくると思いました。

モンスターズならではの試み

このゲームのキモである「ワード選び」。通常ルールではどんなコトバを付けても自由で、それも面白いのですが、Web業界のクリエイターチームならではということで、「ワード」に選べるテーマを縛るという独自ルールも試みてみました。

例えば、

テーマ:前のワードから文章を繋げる

ワードを繋げてストーリーを発展させるという縛りプレイ。このテーマで出てきたワードは、

  1. クリエイティブ
  2. のために
  3. 創造(想像)
  4. よりも準備力。
  5. そしたら広がる世界が
  6. きっと待っている。
  7. ほら成就した。
  8. あ、夢か!?

と、ワードを繋げたら謎な夢オチの文章になったり。

テーマ:Web業界ならではのヒトコト

もちろんそんなデジタルな絵柄は無いので、なかなかカードに合うようなワードを考えるのが大変だったりして。

  • 企画
  • どんでん返し
  • オブジェクト指向
  • リリース
  • リリース後
  • 進化(深化)
  • グーグル
  • セキュリティ

などのワードが挙がりました。
そして下の写真のカードは、「セキュリティ」というワードで出されたカードたちです。
さて、どれが正解だったでしょうか?

セキュリティ



どんな絵柄を見てどんなワードを連想するのか、毎日シゴトを一緒にしているメンバーの「想像を想像する」というなかなか無い機会でした。ぜひ、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。


FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+