本文へジャンプ

スマホでボケ味のある写真を撮ってみよう

Posted by Ricky

こんにちは。つい先日、仕事で使うからという言い訳をかまし、新しいレンズを衝動買いしたRickyです。思えばカメラ本体も同じような理由から買ったように思います。Viva SHIGOTO。

というわけで、今回は写真について書いていこうと思います。

スマホでボケを生み出せない理由とは

ボケ味のある写真は、写真に奥行き感を出して、ピントの合っている被写体の印象を際立たせることができる撮影テクニックの一つです。

スマホでも、撮影した写真にボケ味を加えるアプリも各種用意されるなど、それだけで写真の質が一段階アップするくらい大事な要素となっています。

一眼レフカメラであればピントの合う範囲を調整できる「絞り」を変えることで、このようなボケ味のある写真をサクッと撮影できるのですが、スマホカメラ(やコンパクトデジタルカメラ)では、この絞りができないので、普通に撮影しているだけではボケ味のある写真を撮ることができません。

図1 - スマホでボケ味のある写真を撮ってみよう

図2 - スマホでボケ味のある写真を撮ってみよう

みなさんも普段こんな感じの写真を撮るケースが多いかと思います。

これらをボケ風味にアレンジすると、こんな感じになります。

図3 - スマホでボケ味のある写真を撮ってみよう

図4 - スマホでボケ味のある写真を撮ってみよう

2枚の写真に共通しているのは、ひらけた背景を入れて奥行き感を出していることです。ピントを合わせた部分と合わせていない部分とに距離を作ることができれば写真はボケていきます。

撮影するポジションが大事

ですから、上から下向きに撮る写真ではボケを生み出しづらいので、被写体と同じ高さかあるいは逆にあおり気味になるくらいのポジションから撮影することを意識したほうがよいでしょう。

例えばこんなスタイルです。

図5 - スマホでボケ味のある写真を撮ってみよう

はい、HENTAIですね。
でもこれでボケ味のある写真が撮れるのであれば躊躇せず地べたであっても這いましょう(笑

では、背景を取り入れづらい狭い空間だった場合にはどうすればいいかというと、可能な限り被写体に近づき、できるだけ手前にピントを合わせると、被写体の奥の方にボケ味を出すことができます。

図6 - スマホでボケ味のある写真を撮ってみよう

ちょっとした工夫だけで味のある写真を撮れますのでいろいろ試してみてください。


最後にiPhoneカメラのTipsを。
ビューにシャッターボタンとなる「◎」ボタンが出てきますが、これ以外に、ボリュームの上下ボタンか、iPhoneに付属するEarPodsの「+?」ボタンでもシャッターを切ることができます。

デフォルトのシャッターボタンだとタッチした時に筐体が前後に揺れ、写真がブレることがありますが、ボリュームボタンだとガチっとホールドしたまま撮影できてブレを抑えやすくなりますし、EarPodsを使えばリモコンシャッターのように使うこともできるので、より撮影の幅が広がるはずですよ。

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+