MEDIAプロダクション事業部

『RIDE HI』編集部 YouTubeディレクター 募集

株式会社MONSTER DIVE 採用情報

求人概要

バイクメディア『RIDE HI』編集部の
YouTubeディレクターを募集!
・雑誌&Webと連動して動画ならではの分かりやすいコンテンツを製作。
・企画、撮影、編集すべてにかかわるため、様々なスキルが磨けます。
・MONSTER DIVEには映像制作・ライブ配信事業部もあるため、動画編集のスキルが磨けます。
・とにかくバイクが好き! その楽しさを伝えたい方を歓迎します。
仕事の概要
バイクメディア『RIDE HI』(ライドハイ)は、雑誌Webメディアを2020年10月1日に創刊。さらにサーキット走行会である『バイクギャザリング』YouTubeチャンネル『RIDE HI』の4本の柱でバイクの魅力を伝えていくメディアです。

今回は、バイク好きなYouTubeディレクターの方を募集します。

昨年の4月にスタートしたYouTubeチャンネル『RIDE HI』はチャンネル登録3万人を突破。そんなYouTubeを一緒に盛り上げてくれるメンバーを募集します。
人気企画「RIDE LECTURE」だけでなく様々なバイクのインプレッションを行います。
ホンダCB400Fourのレストア企画もスタート! 

「バイクの素晴らしさを多くの方に発信したい!」とにかく「バイクが好き!」という熱い方をお待ちしています。

メンバーは全員バイク好き! 一緒に働いてみませんか?


RIDE HI 4本の柱

4本の柱は毎月少しずつ大きくなっていっています。しかし、バイクメディアとしては最後発なのも事実。現代のクリエイティブでジャンルにとらわれることなく、バイクの様々な遊び方を提案していきます。

RIDE HI 読者属性

Webサイトは月間50万PVを推移。2021年内に100万PVを狙います。既存のバイクWebに対して属性が若く、女性の比率が高いのが特徴です。趣味性の高いバイクの情報、ライダーの知りたいをリアルタイムでお届けします。

仕事内容

具体的な業務内容
・映像コンテンツの企画構成、撮影、編集
・YouTubeチャンネル管理
※映像業務を中心に編集部スタッフとして業務全般に参画ください。

環境・組織

『RIDE HI』編集部の特徴
Webと映像のプロダクション・カンパニー『MONSTER DIVE』から、新たな挑戦として2020年10月1日に創刊した『RIDE HI』。

「なぜこの時代に雑誌を出版?」という声をいただくこともありますが、この時代だからこそ、雑誌、Web、映像、リアルが融合して補完しあう、様々なライフスタイルに適合するメディアを創っていきたいと考えています。

Webメディアに加えて、雑誌、イベント、YouTubeなど、様々な媒体での情報発信を行っていきます。
しかも社内にこんな横の連携を持つバイクメディアは『RIDE HI』だけです。

もちろん各自で担当する役割分担はありますが、どの領域も当事者のひとりとしてすぐに関われる関係にいる、そんなチームを目指しています。
働く環境
ミッドタウン近くのオフィスは、ワンフロアで風通しがよく、おしゃれで清潔感がありデスクも広めです。また、制作環境には最新の機材を用意しています。
完全週休二日制、裁量労働制で、自己管理のもとにパフォーマンスを重視した働き方が推奨されています。

ツール

プロジェクト管理にはBacklog、コミュニケーションにはSlack、ドキュメントやファイル共有にはGoogle Workplaceを導入するなど、様々なツールを用いて、業務の効率化・コミュニケーションの活性化を重視した環境作りを目指しています。
各自のPC(Mac/Win)は定期的に最新機種に入れ替えているほか、動作検証用にPC・スマートフォン・タブレットを各種配備。
また、自社保有の撮影配信スタジオには、多くの映像機材を取り揃えています。

  • Slack
  • Backlog
  • Google Workplace

応募要件

必須のスキル・経験
・大型自動二輪免許
・普通自動車免許
・Premiere, AffterEffects, Photoshop, Illustratorの操作スキル
・YouTubeチャンネル運用経験
歓迎するスキル・経験
・カメラ、音声、照明等、撮影機材のオペレーションスキル
・サムネイル、テロップ等のグラフィック制作スキル
・出版社等のコンテンツ企業または映像制作業界の勤務経験
希望の人物像
・とにかくバイクが大好きな方
・国内外を問わず、バイクの様々な情報に敏感な方
・オモシロいことをやりたい!という思いと情熱、実行力をお持ちの方
・新しい技術、メディア、アプリケーションに対して敏感にアンテナを張れる方
・前向きで丁寧なコミュニケーション力をお持ちの方
・あらゆるデザイン(映像や雑誌、プロダクトなど)が好きすぎる方
・様々な技術を使いたい、挑戦したい方
・時間に縛られず自由に働きたい方

募集要項

給与
月給240,000円〜400,000円
・経験や能力を考慮し優遇します。給与改定年1回。
・別途、個人と会社の業績に連動した決算賞与制度あり(例:給与1~5ヶ月分)。
・試用期間:入社後3ヶ月間。給与は本採用時と同額。期間終了後に給与見直しの場合あり。

【給与補足】
月給24万円の場合:基本給18.2万円/業務手当5.8万円(時間外手当)
月給40万円の場合:基本給30.4万円/業務手当9.6万円(時間外手当)
※時間外労働の有無に関わらず月40時間相当分の時間外手当を支給。
※40時間を超える時間外労働分についての割増賃金は追加で支給。
雇用形態
正社員
就業時間
裁量労働制
・通常の営業時間は10:00〜19:00(休憩1時間含む)です。
・みなし労働時間は1日8時間です。
・試用期間中は定時勤務。
休日・休暇
・完全週休2日制(土日祝日休み)
 業務都合で休日出勤となる場合は振替休日を取得していただきます。
・有給休暇(入社6ヶ月後から付与/初年度10日間)
・夏期休暇
・年末年始休暇
・慶弔休暇
・リフレッシュ休暇
待遇・福利厚生
・社会保険完備(関東ITソフトウェア健康保険組合)
・交通費全額支給(上限月2万円)
・慶弔金制度
・社員食堂制度
・社内イベント、社員旅行(年1回)
・健康診断 費用負担あり(年1回)
・(希望者)インフルエンザ予防接種 費用負担あり
・(希望者)新型コロナワクチン接種 サポートあり
勤務地
東京都港区南青山1-26-1 寿光ビル5F
・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 3番出口より徒歩1分
・都営大江戸線 六本木駅 7番出口より徒歩8分 ・東京メトロ日比谷線 六本木坂駅4番出口より徒歩10分

企業の特徴

ライダー向けバイクメディア
『RIDE HI』チームの特徴
『RIDE HI』は、趣味として心ゆくまで楽しみたいライダー向けのバイクメディアです。

ライフスタイル視点でのバイクカルチャーや各メーカーの新車インプレッション、カスタムバイク&パーツ情報をはじめ様々な魅力を掘り下げます。

これを具現化するスタッフは、常にスペシャリストとしての検証やチャレンジに没頭できる資質が求められます。

加えて創業から積み上げてきた“Webと映像”の“表現の融合”を目指すMONSTER DIVEのプロフェッショナルたちと一緒に働く醍醐味も大きい。

『RIDE HI』はまだまだ誕生したばかりのメディアです。
「チームとともに自分が成長し、自分がチームを成長させたい!」という熱いバイク好きの方からのご応募をお待ちしています。
少数精鋭の
プロフェッショナル集団
MONSTER DIVEは、Webクリエイティブ・システムインテグレーション、映像制作・ライブ配信、メディア運営、サービス構築など、4つの事業部を主体として、東京都港区を拠点に活動しています。

まだまだ小さなチームですが、完全週休二日制、社保完備、有給休暇制度の他にもリフレッシュ休暇制度や慶弔休暇制度、結婚・出産祝い金制度など、はたらきやすい環境づくりにも取り組んでいます。

編集部員&営業スタッフの場合、本採用後には原則として裁量労働制が適用されます。オン/オフの切り替え、時差出勤、家族サービスとの両立など、モノづくりのパフォーマンスを最大化するために各自の裁量で最適なワークスタイルを見つけ出してください。

そして「よりよいモノづくり」を実践するためには「はたらく仲間づくり」が何よりも大事だと考えています。

密なコミュニケーションでお互いをフォローし合い、「一緒にはたらくと楽しいヒト」とチームのメンバーに信頼されることから、よいシゴトが始まります。チームでモノづくりをシゴトにしたいとお考えの方なら、きっとご活躍いただけるはずです。

Vision / Mission / Values

ビジョン・ミッション・
バリューズ

MONSTER DIVEでは
『“MONSTER”のチカラを世界に見せつけ、すべてのモノゴトを面白くする。』
をビジョンに定めています。

“MONSTER”とは、職人的な「こだわり」 とオタクならではの「探究心」を併せ持つヒトのことです。
“MONSTER”が飽くなき気持ちで作り上げるこだわりによって、モノゴトは、もっと面白くなると私たちは考えています。私たちは“MONSTER”であり続け、“MONSTER”が生み出すモノを、世界に見せつけたい。そんな思いからこの企業理念が生まれました。

さらに、
『Webと映像を融合して、世界にひとつのモノづくりを提供する。』
というフレーズをコーポレートミッションにしています。このコトバには、ひとつひとつのコンテンツを、最適なクリエイティブとテクノロジで丁寧につくり上げることが「面白さ」につながる、という考えが込められています。

そして、これらのビジョン/ミッションを達成するために、次の5つのバリュー(行動指針)を掲げています。

  • 1.よりよいモノづくりをする

    MAKE GOOD THINGS

  • 2.「100%」の期待に「120%」の結果で応える。

    100% → 120%

  • 3.価値を生み出すためのシゴトをする。

    WORK FOR PRODUCING VALUES

  • 4.「頼まれシゴト」ではなく「ジブンゴト」にする。

    DON'T BE PASSIVE. BE ACTIVE

  • 5.手を伸ばし、背伸びをし続ける。

    ALWAYS REACH AND STRETCH OUT

いずれもクリエイティブ&テクノロジの現場で欠かすことの出来ない発想・行動だと考えています。これらの考え方に共感していただける方からのご応募をお待ちしています。