本文へジャンプ

Grunt.js :: 概要、インストール、タスクを作成してみる。

Posted by MD

Grunt.jsとは

Grunt.jsはNode.jsを使用したCUIのビルドツール。
タスクを設定してそれらを自動化していきます。
基本的にターミナルやらコマンドプロンプトを使用していきます。

どんなことができるか?

プラグインをインストールすることによって、色々なタスクを行う事ができます。

例:

  • ファイル、フォルダの複製
  • HTML、CSS、JSなどのLintチェック
  • altJS、メタ言語のコンパイル(coffeescript, sass, jade, haml ...etc)
  • HTML、CSS、JSの圧縮
  • 画像最適化
  • スタイルガイド、JSDocの生成

これらはあくまで一部です。
初期設定だけしていれば、Windows/Macともに使うことができます。

インストール

grunt.jsをインストールしていきます。
今回は、Mac環境での導入手順になります。

Node.jsをインストール

Node.jsのインストールは以前Ken.Otsukaが紹介してくれているのでここでは割愛させていただきます。 

grunt-cli のインストール

・ターミナルを起動させる

Finder > アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル.app
からターミナルを起動させます。

・grunt-cli をインストール

    sudo npm install -g grunt-cli  

Grunt.js 図 1

ターミナルを起動させたら上記のコマンドを実行してEnterを押してください。
passwordと出るのでMacログイン時のパスワードを入力してください。
ターミナル上にパスワードは出ないですが入力したら再度Enterを押してください。

これでgrunt-cliのインストールは終わりです。

プロジェクトを作成してプラグインをインストールしてGrunt.jsを作成する

grunt-cliのインストールが終わったらターミナルでプロジェクトフォルダを作成して移動してGrunt.jsを作成します。
ここでは仮にデスクトップにgrunt_practiceというフォルダ名を作成してhogeという名前のプロジェクト名で作成していきます。  

今回は以下のフォルダ構造でやります。

    project
        ├coffee
        │└index.coffee      (実際に触るファイル)
        |-sass
        │└style.sass        (実際に触るファイル)               
        ├js
        │└index.js          (gruntで吐き出されるファイル)
        ├css
        │└style.css         (gruntで吐き出されるファイル)
        ├config.rb            (compassの設定ファイル)
        ├package.json
        └Gruntfile.js

・デスクトップにフォルダを作成する

    cd Desktop  
    mkdir grunt_practice
    cd grunt_practice

・プラグインをインストールする

ここまでで下準備ができたので、Grunt.jsの作成と設定を行います。
ターミナルで

    npm init  

Grunt.js 図 2

と入力するとnameとかversiondescriptionなど聞かれるので以下の様にここでは入力します。

  • name : hoge
  • version : 0.0.1
  • description : This is test of Grunt.
  • entry point : 入力せずEnterを押す
  • test command : 入力せずEnterを押す
  • git repository : 入力せずEnterを押す(git repositoryがあれば入力)
  • keywords : Test
  • author : 自分の名前
  • license : MIT

上記を入力するとpackage.jsonが生成され以下の様な値が入ってるかと思います。

package.json

    {
        "name": "hoge",
        "version": "0.0.1",
        "description": "This is test of Grunt.",
        "main": "index.js",
        "scripts": {
            "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
        },
        "repository": "",
        "keywords": [
            "Test"
        ],
        "author": "Junichi Honda",
        "license": "MIT"
    }

このままだとpackage.jsonを生かせないので、ターミナルで以下のコマンドを入力してください。

    npm install grunt --save-dev

※gruntコマンドは--save-devをオプションでつけるとpackage.jsonにインストールした情報が自動で記載されます。

さらに、ここでプラグインもインストールしておきます。
ここではファイルが更新されたら自動で感知して処理を実行していくれるgrunt-contrib-watchとcoffeescriptをjavascriptにコンパイルしてくれるgrunt-contrib-coffeeとsassをcssに変換させるgrunt-contrib-compassをインストールしてみます。
ターミナルで以下のコマンドを入力してください。

    npm install grunt-contrib-watch grunt-contrib-coffee grunt-contrib-compass --save-dev  

Grunt.js 図 3

これでwatchcoffeescriptのコンパイルのプラグインがインストールされたかどうかpackage.jsonを確認してみます。

package.json

    {
        "name": "hoge",
        "version": "0.0.1",
        "description": "This is test of Grunt.",
        "main": "index.js",
        "scripts": {
            "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
        },
        "repository": "",
        "keywords": [
            "Test"
        ],
        "author": "Junichi Honda",
        "license": "MIT",
        "devDependencies": {
            "grunt": "~0.4.1",
            "grunt-contrib-coffee": "~0.7.0",
            "grunt-contrib-watch": "~0.5.3",
            "grunt-contrib-compass": "*",
        }
    }

このpackage.jsonを見るとcoffeeとwatchがインストールされているかと思います。

・Gruntfile.jsを作成する

プラグインをインストールしただけでは動かないので、タスクを管理するGruntfile.jsを作成します。

package.jsonと同じ階層にGruntfile.jsを作成していきます。(ここではGruntfile.coffee)

Gruntfile.coffee

    module.exports = (grunt) ->
      pkg = grunt.file.readJSON 'package.json'
      grunt.initConfig
        #package.jsonの読み込み
          pkg : pkg
          # coffeeの設定
          coffee:
            compile :
                files:
                    [
                        expand: true
                        cwd: 'coffee/'#coffeeのスクリプトがあるフォルダ
                        src: ['*.coffee']#上記フォルダ内の.coffee全対象
                        dest: 'js/'#コンパイルされるフォルダ名
                        ext: '.js'#コンパイルされた時のファイル拡張子
                    ]
        # compassを実行(別途compassのインストールが必要)
         compass:
          dev:
            options:
              config: "config.rb"
          # watchの設定
          watch:
            files: ['coffee/*.coffee','sass/*.sass']
            tasks: ['coffee', 'compass']


      for taskName of pkg.devDependencies when taskName.substring(0, 6) is 'grunt-'
           grunt.loadNpmTasks taskName

        #taskの登録
        # デフォでwatchのtaskにしておく
        grunt.registerTask 'default', 'watch'

このGruntfileではcoffee/フォルダ内の.coffeeファイルすべてが変更されたら、jsフォルダ内にjavascriptとしてコンパイルされた状態で常に吐き出すという内容が書かれています。

ここまでで準備ができたのでターミナルで以下のコマンドを入力します。

    grunt

を入力するとターミナルに

    Running "watch" task

と出ます。
この状態でgrunt側がcoffee / sassフォルダ内を見張っていてくれているので、coffeeフォルダ内のindex.coffee / sassフォルダ内のstyle.scssを触ってみます。セーブしたタイミングで、

    >> File "coffee/index.coffee" changed.
    >> Running "coffee:compile" (coffee) task
    >> Running "compass:dev" (compass) task
    >> File js/index.js created.
    >> create css/style.css (1.884s)
    >>Done, without errors.

と出ると成功です。

以上、ザックリとしたGruntの使い方ですが、プラグインを上手く使うと、altjs系やらメタ言語の書き出し、公開する前のタイミングでcss/JSを綺麗にしたり圧縮したりするタスクなどができます。
プラグインはここを参照してください。
また今回使ったGruntfileは一例なので、サンプル等はこちらが参考になります。
タスク系やリファレンスは本家日本語を見ながら学んでいくと良いでしょう。

Written by Junichi Honda + Ken.Otsuka

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr