本文へジャンプ

Instagram APIを活用したWebサービスの実践と「Repost」アプリ

「携帯の写真フォルダをみたら子供の写真しかない。。」

と、なぜこんなどうでもいい事を初めに記したかというと。。 今月、Instagram APIを活用したWebサービスのプロジェクト納品があり、 その制作時にテストアカウントで写真や動画を投稿することになったのです。

まずは準備!

私の方では、下準備としてデベロッパー登録/クライアントID登録などを用意! 1年前、Shimizuさんがあげていた記事、すごく参考にさせていただきましたw  上の記事にあるようAPI特定のタグルールを決め、クリエイターが仕様にあわせたモックを作成。 さぁ、あとはInstagramで投稿して......と携帯の写真フォルダをみたら、ほぼ子供の写真......。 しょうがない、子供が可愛すぎるんでww

さぁ、テストアカウントで実践!

Instagramのキャプションを活用した疑似CMS?

Instagramを使い、どういったことができるのかと設計時に議題になり、今回のプロジェクトでは、「ニュース」をInstagramを使うことになりました。

利用するのはInstagramの「キャプション」。 調査をかねてキャプションにかなりの文字量を入れて投稿してみましたが特に文字数制限はないようです(正式に公開されている情報はありません)。 といっても、Instagramで長文を入力することってなかなかしないですがw

さぁ、本文とAPI特定のタグを「キャプション」内にいれて投稿! ニュース用のモックでも問題なく表示されました。ニュースなど更新頻度の高いコンテンツは、いわゆるCMSでブログ化して管理するのが一般的でしたが、そこまでStyleにこだわらないのであれば、InstagramをCMS代わりに利用することは充分可能だと思いました。

リポストをアプリでしてみた!

プロジェクトの調査としてInstagramを活用するアプリ「Repost」を使ってみましたのでご紹介します。

Repost(リポスト):Twitterでいうリツイートで、他の人の投稿を自分のアカウントに再投稿すること。 ※自分の投稿でもリポストすることは可能です。

まずは、「Repost」アプリをダウンロード(無料)。 iOS版 Android版

blog_sugiimg001.jpg

このアプリですが、Instagramのアカウントでログインします。 まずは自分の投稿で試してみることに。

  1. フィードに表示されている中から写真を選択。
  2. 写真下に表示される「↑↓Repost」をクリック。
  3. 広告表示のされ方を選択(※Pro版だと広告表示を消すことができます)
  4. 「Repost」ボタンをクリック後、「Open in Instagram」をクリック。
  5. Instagramアプリに遷移します。あとは通常の投稿手順で投稿が完了です! ※他の人の投稿に関しても、手順は同じ形で投稿が行えます。

Twitterでいうところのリツイート専門ユーザー(自分もそうですが)には、とてもありがたいアプリでございます!

3.で記した広告表示に関しては、画像に埋め込まれた状態で書き出されます。 実際に広告表示が消えるのか試したかったので、なけなしの600円をチャリン! 無事広告表示を外すことができました。

blog_sugiimg002.jpg

Webサービスと連携する場合は、この点ご注意し利用してみてください。

まとめ

キャンペーンサイトでは既によく利用されるInstagram APIですが、今後、よりWebサービスに利用される場が増えていくと思います。 気をつけていただきたいところは、コンテンツの内容に応じて、cron設定は月・日・時・分単位で決める、設定することをお忘れにならないようお気をつけ下さい。今回のプロジェクトに関しては30分おきの設定をしました。

しかし、ここまで自分が親バカになるとは思いもしていなかったですね......w

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+ Tumblr