本文へジャンプ

リフレッシュ休暇 〜in ハワイ〜

Posted by Yuji Ushida

Webデザインを生業にしているみなさん、こんにちはこんばんは!
僕はまだ短パンです。

この夏、MONSTER DIVEに入社して早5年が過ぎました。
なんとMONSTER DIVE、勤続5年が経ちますと、1週間のリフレッシュ休暇がもらえる制度があるんです。

いい会社ですね。
僕も1週間のお休みをいただけることに。
今回は、この夏のリフレッシュ休暇について書いてみようかと思います。

ハワイいいとこ

で、このリフレッシュ休暇制度を何に使ったかというと、せっかくいただくお休みですので、有意義に家族でハワイに行ってまいりました!

息子も大きくなってきたしね、記念になる場所をと、思い切って初めてのハワイへ。
なにぶん旅行素人なのでね、その辺りはご容赦いただいて。w

飛行機

海外旅行は常に行きたいなとは思うのですが、僕はあまり飛行機自体が得意ではないんです。気圧にも弱いし、狭いし、寝れないし。ハワイまで約8時間とのこと...、気が重い...。

海外にも行き慣れていませんので、せめても、と日本の航空会社をチョイスしてみました。

どうせハワイ便なんて混んでるんでるんでしょー?っと搭乗してみると、なんだか機内がガラガラ。なんと50%ぐらいの搭乗率らしく、席も移動してもOKとのこと。おかげで、リラックスして移動ができました! 日曜の最終便って、空いてることが多いいんですかね? だとしたら、オススメです。

なお、帰りの飛行機は、ちょっと贅沢してプレミアムエコノミーにしたのですが、帰りも行きの飛行機同様にがら空きだったので、少し損した気分にはなりました。w

まあ、飛行機が苦手な僕には、空いていて時間もあまり気にならなかったのでラッキーでした。


で、そんなこんなでハワイ到着。なんだか空気が軽い! 
ジメジメした東京とは比べものにならないくらいの爽快感。
いい気候だなぁ、ハワイ。

写真1 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ 〜

ホテル

今回は家族での旅行でしたので、息子が飽きないように、とヒルトンに宿泊してみました。

ヒルトンは敷地内にプールも海もあるので遊び放題。プールにはスライダーまで付いています。息子にとっては、観光なんかはまだ退屈なこともあるみたいで、飽きたらすぐ海! プールで遊ぶことを条件に、買い物に付き合ってもらったりと便利でした。w

難点を言えば、ワイキキまでちょっとだけ遠いくらい。って言ってもバスで10分もかからないでしたが。ホテル内でだいたいのことは完結しちゃうのので、家族で宿泊するには、とてもいいホテルでした。

部屋からの景色はこんな感じ。
ハワイは、気流の関係で山側では常に雨が降ってるらしく、ホテルから見た景色も海側と山側でこんなに違うんです。

写真2 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ 〜

写真3 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ 〜

降り続ける雨のおかげで、オアフ島には莫大な地下水があり、飲み水に困ることが無いそうです。

ご飯

ハワイもやっぱりアメリカ。何から何まで食べ物がでかい!

パンケーキなんてこんな感じ。1枚の大きさが、だいたい25cmくらい?

写真4 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ 〜

オーダーする際に「量は3枚と5枚とで選べるけど、どうする?」って聞かれたましたが、3枚で結構な量...、これ5枚食べられるやつっているんですかね...。現地の方には当たり前? それともシェア前提? 僕が若くないだけ? でも、現地の方はみんな一人一皿だったような...。

でもね、味は美味しいんです。ものすごく!
このお店は、アラモアナにある『The Original Pancake House』ってお店ですので、ご興味がある方は是非。

で、やっぱり肉なんかもこんな感じでドーン! 骨ごとドーン!

写真5 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ

僕は基本的に残すのが嫌いなので、全部たいらげてきましたけどね。

デザートのアイスなんかも量が半端ないので、帰国する際にはもちろん増量してましたけどね。

海〜、青い〜、綺麗〜。
ハワイの海、綺麗ですよね。

なんで日本の海って青くないのかなぁって、こういう海を見るたびに思います。

で、ハワイの海の中でも印象的だったのは、ワイキキから車で20分ほどのところにあるハナウマ湾。

写真6 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ

このビーチは、自然環境保護のため入場料が必要なのですが、運が良ければウミガメなんかにも遭遇できるという、島では有数のシュノーケリングスポットだそうで、息子に綺麗な魚を見せたくて、シュノーケリングツアーに申し込んでみました。

ハナウマ湾は海も澄んでいて、大きな魚を間近に見れるので、ただ浮かんで海中を見てるだけで楽しいです。

海中で、息子に指で合図して魚を追いかけたり。ホント来てよかった。w 
ライフガードなどもついてますので、子連れでも安心して潜れるのが良いですよ。若干波が高かったので、最後は息子が波酔いしてましたが。

もちろん、お金をかけなくても、毎日のように入っていたワイキキビーチも綺麗な海でした。

写真7 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ

余談ですが、ハワイの海って、日本の海のように塩辛くないような気がするんですけど、気のせいですかね? 海のニオイもそんなにしない気がします。  

その他

ワイキキで買い物したり、日立のCMで有名な"この木なんの木"を見てみたり。(あのCMって今もやってるのかな?)

写真8 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ

シーサイドパークで、イルカに引っ張ってもらう巨漢なアメリカンを遠目で眺めたり。

写真9 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ

と満喫した6日間でした。

その他もろもろ遊んでましたが、なにぶん普段から写真を撮らないので、あんまりお見せするものがなく...、すいません。

まだまだ廻りきれない場所もありましたので、また行きたいなぁ、ハワイ。

写真10 - リフレッシュ休暇 〜 in ハワイ

イルカには乗りたかった...。

まとめ

ということで、今回は勤続5年のご褒美制度、リフレッシュ休暇について書いてみました。なにぶん旅行初心者なので、そんなに面白い記事ではないとは思いますが、いかがでしたでしょうか。

たまには、仕事を完全に忘れて楽しむことも大事ですよね。おかげさまで、休日を家族でゆっくりと過ごすことができました。メリハリは大事です。

次は勤続10年目にリフレッシュ休暇! また5年後に、また良い報告ができるよう仕事を頑張っていこうと思います。ではでは。

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+