本文へジャンプ

VR撮影現場の裏側
〜ZCAM K1 PROを使ってVR撮影〜

Posted by TET

今回は、LIVEプロダクション事業部が昨年から取り組んでいるVR撮影に関してご紹介したいと思います。

ZCAM K1 PROを使ってVR撮影!

撮影に使用するカメラは『ZCAM K1 PRO』という180度のVRに対応したカメラです。

このカメラには2つのレンズが付いていて、それぞれのレンズの映像をSDカードに収録します。

ZCAM K1 PRO

VR撮影におけるカメラ位置の調整

VR映像はカメラと被写体に対しての距離や高さが適正になっているかが重要です。
被写体に対してカメラがなるべく近づくことで、より臨場感のある映像が撮影できます。
人物の場合は目線の高さにカメラがあるのが理想的です。

また、カメラの水平が狂っていると視聴時に酔ってしまったり違和感がある映像となってしまうため、水準器を使いシビアに調整します。

VR撮影におけるカメラ位置の調整

水準器を使ってカメラ位置を調整

音楽ライブの現場では、中継や収録のカメラの画角にVRカメラが映り込んでしまい、「カメラの高さを低くして欲しい!」という要望は少なくありません。

その時の状況によってカメラの高さを上げたり下げたりしなくてはならないため、一定した高さに戻せるように、メジャーは必需品です。

メジャーは必需品

VR撮影の制御はiPadで

カメラの明るさや色の設定は、LANケーブルを繋いでiPadで制御・調整します。
リアルタイムでプレビューも可能となっていて、180度のVRは広角なため余計な物が映り込んでいないかチェックをします。

ライブの場合、本番前のリハーサルも収録して照明の強さや色味を見て、必要があれば照明さんと相談して調整してもらうこともあります。

VR撮影の制御はiPadで


上記ご紹介したものは現場でのほんの一部分ですがこのような準備をして本番に臨んでおります。

ヘッドマウントディスプレイで観てみよう

そして収録したデータを編集機に移して編集作業へ入ります。
編集中の姿を見た他チームのメンバーからは驚かれることもあります。(笑)

ヘッドマウントディスプレイ

出来上がったVR映像は、ヘッドマウントディスプレイを装着して観ると、まるで自分がその場に居るかのようなライブにどっぷり入り込める臨場感のある体験ができます!


おうち時間のお供としてVR映像の世界にハマってみてはいかがでしょうか?

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
乃木坂・六本木 撮影配信スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。