本文へジャンプ

ビルドツール「gulp.js」を使ってみる

Posted by MD

みなさま。あけましておめでとうございます。
2014年初投稿になります。
そんな初投稿の記事はビルドツールです。

が、あえてGruntじゃなくgulpというStreamin build systemのお話です。

qulp Logo

gulpとは?(Gruntとの違いは?)

gulpは最近リリースされた、Gruntに対抗したJavaScriptタスクランナーです。
主にGruntの良い所を引き継ぎつつ、Gruntの短所を吸収するために開発されたらしい。

後述しますが、Gruntの設定ファイルであるGruntfile.jsは非常に長ったらしくなってしまいます。
ちょっとしたテストを走らせたい時にも結構な量のJavaScriptを書かないといけないのですが、このgulpはその設定ファイルであるgulpfile.jsをシンプルかつ簡潔に書くことが可能です。

詳しくはこちらのページが参考になります。

gulpを設定しよう!

ではでは、ここからgulpを設定していきます。
この記事の作成時点では日本語のドキュメントがあまり存在しないので、本家(英語)を見ながらやっていきましょう。

インストールをスタートさせるために、

アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル

からターミナルを起動させます。

図1 - gulp

1. gulpをインストール

package.jsonを作る

npm init

を入力します。

図2 - gulp

入力すると図のように name(test) となっているので、下記のように入力します。

  • name : プロジェクト名
  • version:今現在のプロジェクトのバージョン
  • description:プロジェクトの詳細
  • entry point:今回はシカトで(何も入力せずEnterキーを)
  • test command:今回はシカトで(何も入力せずEnterキーを)
  • git repository:レポジトリがあれば
  • keywords:プロジェクトのキーワードを
  • auhour:自分の名前
  • license:(BSD):MITとか好きなやつを

以上を入力すると

Is this ok? (yes)

と出るので

yes

を入力する。

sudo npm install -g gulp

を入力して、Macログイン時のパスワードを入力。
※パスワードは表示されません。

こんな感じでインストールが始まるかと思います。

図3 - gulp

2. インストールgulp-watch, gulp-compass, gulp-coffee

gulpをインストールしたので、今度は gulp-watch, gulp-compass, gulp-coffee をインストールしていきます。

sudo npm install gulp-compass gulp-coffee gulp-watch --save-dev

を入力します。
入力すると以下の図のようにいろいろと読み込み、インストールされるかと思います。

図4 - gulp

3. gulpfile.jsを作成する

compassを指定したフォルダにcssファイルとしての書き出し、coffeescriptを指定したフォルダにjsファイルとして書き出しを行うためのgulpfile.jsを作成していきます。

1. compassを指定したフォルダにcssを書き出す。

■ gulpfile.js

// gulpをインポートする
var _gulp = require('gulp');
// gulp-compassをインポートしてcompass使えるようにする
var _compass = require('gulp-compass');
/**
* compassの設定
* compassと名前のタスクを登録する
* 実際にそのtaskが何をするかの登録。
*/
_gulp.task('compass', function(){
//ここからタスクの内容
_gulp.src('src/sass/*.scss').pipe(_compass({
config_file: 'src/sass/config.rb',//compassの設定ファイルの場所
comments: false,//コメントを残すか
css: 'bin/css/',//吐き出すcssのフォルダ場所
sass: 'src/sass/'//sassファイルの場所
}));
/**
* gulp本来のタスクを登録する
*/
_gulp.task('default', function(){
_gulp.run('compass');
});
});

compassだけをgulpで吐き出すだけならこれで十分なので、ターミナルに戻って

gulp

と入力する。

図5 - gulp

上の図の通り、指定したフォルダにCSSファイルが出来ているかと思います。

2. coffeescriptを指定したフォルダに書き出す。

これもcompassと同じです。

■ gulpfile.js

// gulpをインポートする
var _gulp = require('gulp');
// gulp-coffeeをインポートしてcoffeescriptを吐き出せるようにする。
var _gCoffee = require('gulp-coffee');
/**
* coffee
* src/coffee/配下のcoffeescriptをbin/js/フォルダに吐き出しさせるtaskを登録。
*/
_gulp.task('coffee', function(){
// ここからtaskの内容
_gulp.src('src/coffee/*.coffee')//coffeescriptがある場所(*はワイルドカード)
.pipe(_gCoffee())
.pipe(_gulp.dest('bin/js/'));//bin/js/フォルダ内に吐き出す。        
});
/**
* gulp本来のタスクを登録する。
*/
_gulp.task('default', function(){
_gulp.run('coffee');
});

上記のようにglopfile.jsを記述したらターミナルに戻って、

gulp

と入力する。

下記のようなメッセージが出るかと思います。

図6 - gulp

「Finished」とメッセージが出て、指定したフォルダにcoffeescriptが出来ていれば成功です。

3. watchで自動でcompassとcoffeescriptを自動で吐き出してみる

1と2の合体で、かつ自動でcompassとcoffeescriptを吐き出してみる。
gruntにもあるようにwatchしてみます。
下記のように gulpfile.js を書き出しましょう。

■ gulpfile.js

'use strict';
var _gulp = require('gulp');
var _gCoffee = require('gulp-coffee');
var _compass = require('gulp-compass');
/**
* コンパス
*/
_gulp.task('compass', function(){
_gulp.src('src/sass/*.scss').pipe(_compass({
config_file: 'src/sass/config.rb',
comments: false,
css: 'bin/css/',
sass: 'src/sass/'
}));
});
/**
* coffee
*/
_gulp.task('coffee', function(){
_gulp.src('src/coffee/*.coffee')
.pipe(_gCoffee())
.pipe(_gulp.dest('bin/js/'));
});
/**
* watch
* watchでcompassとcoffeescriptを自動で書きだす
*/
_gulp.task('watch', function(){
_gulp.watch('src/coffee/*.coffee', function(event){
_gulp.run('coffee');
});
_gulp.watch('src/sass/*.scss', function(event) {
_gulp.run('compass');
});
});
_gulp.task('default', function(){
_gulp.run('watch');
});

ターミナルで、

gulp

と入力すると、以下のようにメッセージが出ていれば、gulpが指定されたcompassとcoffeescriptを監視中になります。

図7 - gulp

この状態でsassとcoffeescriptを入力すると、次の図のようなメッセージが表示されて、cssファイルやらjsファイルらが生成(上書き)されます。

図8 - gulp

Gruntfileと見比べてみる

ここまで試していただいた方なら、おそらくGruntfile.jsとgulpfile.jsの違いがわかるかと思いますが、まずgulpは短い!のと、チェーンメソッドが書けるjQueryっぽい馴染みのある書き方ができるかと思います。

今回のファイルをGruntfileで書くとこんな感じ。

■ gruntfile.js

'use strict';
module.exports = function(grunt) {
var pkg, taskName;
pkg = grunt.file.readJSON('package.json');
grunt.initConfig({
pkg: pkg,
// coffeeの設定
coffee: {
compile: {
files: [
{
expand: true,
cwd: 'coffee/',
src: ['*.coffee'],
dest: 'js/',
ext: '.js'
}
]
}
}
});
({
// compassの設定  
compass: {
dev: {
options: {
config: "config.rb"
}
},
// watchの設定
watch: {
files: ['coffee/*.coffee', 'sass/*.sass'],
tasks: ['coffee', 'compass']
}
}
});
for (taskName in pkg.devDependencies) {
if (taskName.substring(0, 6) === 'grunt-') {
grunt.loadNpmTasks(taskName);
}
}
return grunt.registerTask('default', 'watch');
};

今回ご紹介した例では簡単でシンプルなことしかやっていないのに、gruntは結構ややこしい感じがします。

gulpはまだまだ発展途中なので、日本語のドキュメントの整備や国内での認知があまりされていないかもですが、簡単なサイトを構築する際はgruntを設置するよりシンプルに設置できるのでオススメかもです。

最後にGruntとgulpを比べましたが、で、結局どっちがいいの???と思うかもしれません。
機能としてはあまり変わらないようですので、自分が使ってしっくりきたほうを使いましょう!

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+