本文へジャンプ

SassとJSの設定ファイルを一元管理する!

Posted by Mizuko Takizawa

図 - SassとJSの設定ファイルを一元管理する!

『CSSアニメーションが終わったら、JSでなにかしらの処理を走らせる』といった場合、CSSアニメーションのduration値とJSのsetTimeoutの値を合わせたりするわけですが、それって結局同じ値。

これに限らず、CSS/JS間で共通した値(アニメーション時間やプロパティ)を使うんだったら一元管理したいですよね。

そんなときは...そうだあれだ!
Gruntでやってしまいましょう!

grunt-shared-configを使う

Gruntのモジュール 「grunt-shared-config」 を使います。
CSSプリプロセッサー(SassとかSCSSとかLESSとかStylus)とJSで共通で使えるconfigファイルを生成してくれるモジュールです。

Gruntを使うので、Grunt.jsとNode.jsが必須です。
詳しくはこちら↓

まずは動作環境を用意

※Mac環境で行っています(OSX: 10.8.5)

任意の場所に動作環境用のフォルダを作ります。
フォルダ構成はこんなかんじにしてみます。

test
├bin
│├ css
││ └ style.css (style.scssからコンパイルするCSSファイル)
│├ js
││ ├ config.js (config.jsonから生成されるJSファイル)
││ └ test.js (config.jsの値を使ってスクリプトを記述したJSファイル)
│└ sample.html
├node_modules (インストールしたGruntファイルがいろいろと)
├src
│└ sass
│ ├ config.scss (config.jsonから生成されるSassファイル)
│ └ style.scss (config.scssをインポートしつつ、他のスタイルも設定するSassファイル)
├config.json (一元管理するための設定ファイル)
├Gruntfile.js (Grunt用設定ファイル)
└package.json (node環境のマニフェストファイル)

ターミナルを開いて、作っておいたトップディレクトリのフォルダ(ここでは"test")へ移動したら...

cd [フォルダまでのパス]

以下のコマンドを。

sudo npm init

聞かれるがまま、MacOSのパスワードを入力した後は、こちら↓

name: (test) test
version: (0.0.0) 0.0.1
description: this project is only test that controls propaties of animation of sass and js from one source.
entry point: (index.js) 
test command: 
git repository: 
keywords: sass js
author: monster dive
license: (BSD-2-Clause) MIT

こんなかんじでいろいろ聞かれるので、必要なところを入力&returnしていくと...

Is this ok? (yes)

イエス!ということで「yes」と入力。
フォルダに設定した内容の package.json ができているはずです。

次に、Gruntと例のGruntモジュール grunt-shared-config をインストールします。

sudo npm install grunt --save-dev
sudo npm install grunt-shared-config --save-dev

Gruntの設定ファイルも用意しましょう。

  • Gruntfile.js
module.exports = function(grunt){
'use strict';
var _pkg = grunt.file.readJSON('package.json'), _taskName;
grunt.initConfig({
pkg: _pkg,
shared_config: {
default: {
options: {
name: 'Config',// Sass, JSで吐き出すファイル名
cssFormat: 'dash',// Sassのフォーマット
jsFormat: 'uppercase',// JSのフォーマット
amd: false
},
src: 'config.json',// 一元管理するJSON
dest: [
'src/sass/config.scss',//吐き出すSCSSのパス
'bin/js/config.js'// 吐き出すJSのパス
]
}
}
});
// package.jsonに記載されているパッケージを自動読み込み
for(_taskName in _pkg.devDependencies) {
if(_taskName.substring(0, 6) == 'grunt-') {
grunt.loadNpmTasks(_taskName);
}
}
grunt.registerTask('default', ['shared_config']);
};

Written by Junichi.Honda

6行目から20行目の記述が、grunt-shared-config用です。
CSSとJSの出力フォーマットも設定できます。

設定ファイルを作る

JSON形式でconfigファイルを作ります。

  • config.json
{
"speed" : 3,
"animation_class_name" : "data-execute"
}

gruntコマンドを実行すると、以下のファイルが生成されます。

grunt

config.scss(Sass用の変数セット)

$speed: 3;
$animation_class_name: "data-execute";

config.js(JS用の変数セット)

var Config = {
"SPEED": 3,
"ANIMATION_CLASS_NAME": "data-execute"
};

Gruntfile.jsで設定したフォーマットに沿った変数セットが出力されています。

設定ファイルを使ってみる

出力されたSass/JSの設定ファイルを使って、アニメーションを作ってみます。

  • sample.html

config.js、test.js、style.cssを読み込みます。
また、jQueryを使っているので、jQueryのライブラリも必要です。

  • test.js
jQuery(document).ready(function(){
'use strict';
// -------------------------------------------------------------------------
// function
// -------------------------------------------------------------------------
var onClick, onAnimationCompleted;
onClick = function(){
// Config.jsに設定したアニメーション用のクラスをaddClassする
_obj.addClass(Config.ANIMATION_CLASS_NAME);
setTimeout(onAnimationCompleted, _watingTime);
return false;
};
// CSS側のアニメーションが終ったはず
onAnimationCompleted = function(){
alert('css3 animation completed!');
};
// -------------------------------------------------------------------------
// initialize
// ------------------------------------------------------------------------- 
// CSSのアニメーションを待たせる時間
// config.jsに生成される値の単位はJSで使用する"ms"じゃないので1000をかけておく
var _watingTime = Config.SPEED * 1000,
_btn = jQuery(document.getElementById('data-btn').getElementsByTagName('a')[0]).on('click', onClick),
_obj = jQuery(document.getElementById('data-object'));
});

Written by Junichi.Honda

  • style.scss

いろいろ書いていますが重要なのはこの辺↓

// config.scssをインポート
@import "config";
// アニメーションのduration値に共通変数「$speed」を使用(単位をつけて)
.data-execute {
-webkit-animation: anim $speed + s linear forwards;
-moz-animation: anim $speed + s linear forwards;
animation: anim $speed + s linear forwards;
.count {
-webkit-animation: count $speed + s ease forwards; 
-moz-animation: count $speed + s ease forwards;
animation: count $speed + s ease forwards; 
}
}

ということでサンプルです。
ボタンをクリックしてから共通変数で設定した3s(秒)間、CSSアニメーションが動作した後、JSでアラートを表示させます。
動作環境)IE10以上、Chrome、Firefox、Safari

CSSアニメーションが終了したタイミングでJSのアラートが!
ちょうどいい具合!

もちろん、config.jsonでアニメーションの時間設定を調整してgruntコマンドを実行すれば、それぞれのファイルを開くことなく修正ができます。便利!

まとめ

今回試した使い方の他にも、アニメーションはJSよりCSSで動かすほうが軽い!ということを活かして、CSSアニメーションが有効なブラウザ(IE10以上、モダンブラウザ)ではCSS、それ以外のブラウザ(IE9以下)ではJSでアニメーションさせる際にも設定を一元管理すれば、あっちを直してこっちは直して...ない!などというケアレスミスも防げるし、とても効率的です。

CSSで出来ることも増えていますが、動的な処理はもちろんJSにおまかせするわけで、今後益々、CSS(Sass)とJSの連携の機会は増えていきそうな気配ですね。

Grunt/JS監修・協力:Kentaro.Otsuka, Junichi.Honda

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+