本文へジャンプ

ウェブサイトのサイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認する方法

昨年は、7月に螺旋骨折、12月肺炎にかかり、人生初の1年に2度入院した藤原です。
(通院も含めると、1ヶ月半くらいずっと、病院の中にいたくらいなのではないだろうか。。)

昨年の醜態を踏まえて、今年の目標は健康第一。

今年もどうぞよろしくお願いします。


螺旋骨折した経緯について、詳しく知りたい方は、こちら
肺炎になった経緯について、詳しく知りたい方はこちら

2018年のブログのテーマ

Webディレクター/プロジェクトマネージャーとして(もちろん、そうじゃないヒトも)、このタスク、もっと効率化できないかなと思うヒトも多いはずです。

システムが得意なことがシステムに任せる。

2018年の僕のブログでは、ヒトが本来やるべきことに集中できる、「業務・タスクを効率化できるツールやサービス」を年間テーマとして、定期的にご紹介できればと思います。

本題

さて、質問です。

ウェブサイトのリニューアルプロジェクト始動の際に、みなさんはサイトツリー(サイトマップ)ってどうやってまとめていますか?

どれくらいのページ数で、どのようなサイト構成で..というのを調査し、きちんとサイトツリーを整理して、サイト構成を把握するというのは、ディレクターやプロジェクトマネージャーにとって必要な作業。

ただひたすらサイトにアクセスして、URLとtitleをエクセルにコピペする作業の繰り返しというのは、時間の使い方がもったいないし、抜け漏れがあるかもしれません。


その他、ウェブサイトを長年運用していくと、リンク先がNot Found とリンク切れとなっているケース、ありませんか?
WordPressやMovable Type などのCMSが入ってないから、リンク切れしている箇所を探すのって、結構大変。。

そんな時に役立つツール、サイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認できるアプリケーションのご紹介です。

Integrity Plus(有料版)

Integrity Plus - サイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認できるアプリケーション

1,800円と少し高めの有料アプリですが、それだけの価値はあると思います。

ダウンロードしたら、Setting 画面が開きますので、まずは設定を行います。

サイトツリー(サイトマップ)を出力したい場合

サイトツリー(サイトマップ)を出力する場合は、下記3項目にチェックを入れればOK。
(出力したいケースに応じて、適宜変更してください)

  • Ignore external links:外部リンクを無視する場合は選択
  • Ignore querystrings:クエリを無視する場合は選択
  • Ignore trailing slashes:URL最後のスラッシュを無視する場合は選択

Integrity Plus - サイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認できるアプリケーション

上記にチェックを入れたら、あとは簡単。上部の入力窓にURLを入れて、「Go」を押して待つだけ。
(ページ数やリンクが多いサイトは、クロールに少し時間がかかります。)

クロールが完了したら、「Sitemap」のタブの右上部からCSV形式、XML形式などを選択して、ダウンロードして完了です。

Integrity Plus - サイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認できるアプリケーション

ダウンロードしたものを用途に応じて、見た目やフォーマットを整える必要がありますが、上記でサイトマップの自動出力完了です。

リンク切れを確認したい場合

サイトのリンク切れをチェックする場合は、下記3項目を選択すればOK。
(ケースに応じて、適宜変更してください)

  • Check for broken Images:リンク切れ画像をチェックする場合は選択
  • Check linked js and css files:JSやCSSファイルなどのリンク切れをチェックする場合は選択
  • Check links on error pages:エラーページをチェックする場合は選択

Integrity Plus - サイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認できるアプリケーション

こちらもサイトマップ出力同様、上記にチェックを入れたら、上部の入力窓にURLを入れて、「Go」を押してください。

出力結果については、4つのビューがあります。

  • By link:リンクごとの確認ができるビュー
  • By page:ページごとの確認ができるビュー
  • By status:スタータスごとの確認ができるビュー
  • Flat view:分類を行っていないフラットビュー

Integrity Plus - サイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認できるアプリケーション 上記は、「By Page」のビューのキャプチャですが、全てのビュー上でソートやテキスト検索もできるので、結構使いやすいです。

 アプリを使う場合の注意点

  • Windowsには非対応。
  • Basic認証など、会員認証が求められるページには、非対応。
  • お使いの環境によっては、サイトマップをCSV出力する際に文字化けが発生します。
    そんな際は、UTF-8やShift-JISなど、文字コードを修正し、取り込んでみてください。


また、こちらのアプリは無料版も展開されていて、無料版と有料版との一番大きな違いは、

  • 無料版は、リンクチェック機能のみ
  • 有料版は、リンクチェック機能+サイトマップの出力+ 複数サイトの管理

となります。

無料版では、サイトマップが出力できないというデメリットはありますが、リンク切れだけを都度確認できれば良いという方は、無料版で十分だと思います。

Integrity(無料版)

Integrity Plus - サイトツリー(サイトマップ)を1クリックで自動出力できるアプリケーション

最後に

以上、2018年のブログ第1弾ということで、「ウェブサイトのサイトツリー(サイトマップ)やリンク切れを1クリックで確認する方法」をご紹介しました。

業務・タスクを効率化できる、システム化できるツールやサービスについて、また定期的にご紹介できればと思います。

健康第一!

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。
Share this on
Facebook Twitter Google+