本文へジャンプ

After Effects 3Dテキスト作成比較【Cinema4D Lite編】

Posted by Namio Araki

AfterEffects 3Dテキスト作成比較

さて第三回はCinema 4D Liteを使ってみます。
お待たせしました。やっとAfter Effects CCの恩恵を受けれますね。
まさかAfter Effects同梱で基本機能だけとはいえ3Dソフトが使えるようなるなんて!

今回のお題(共通)

今回は3Dテキストについて、「MD」という文字の3DテキストをAfter Effectsで作成したいと思います。
静止画であればPhotoshopで作ってもいいし、動画(アニメーション)であってもプログラムを書いたりCGソフトを使って作ってもいいのですが、せっかく簡単にできるのでインタラクティブな要素がなければ僕はAfter Effects CCをオススメします。

「3Dテキストを作る」といってもAfter Effectsではいろいろな方法があるのですが、そのいろいろな方法を今回はご紹介。

3.Cinema 4D Liteを使って作成

3-1.Cinema 4Dレイヤーの作成

新規コンポジションを作って、「右クリック→新規→MAXON CINEMA 4Dファイル」。

After Effects:Cinema4Dファイル作成

作成すると自動的にCinema4D Liteが立ち上がるのでこのまま進めますが、もし閉じてしまった場合は、メニューの編集→オリジナルを編集(Ctrl+E)をすると、Cinema4Dレイヤーの再編集が可能になります。

Cinema4D:新規作成

3-2.Cinema 4D:テキストオブジェクト作成

まずはTextを作成します。
「Freehand」のアイコンを長押しして「Text」を選択します。

Cinema4D:テキスト作成

テキストをMDに変更して、センター揃えにします。
フォントもついでに好きなものに変えてください。

Cinema4D:MD入力センター揃え

下記のようになっていますでしょうか。

Cinema4D:MD入力センター揃えプレビュー

3-3.Cinema 4D:テキストオブジェクトの押し出し

次はこのテキストを押し出して3D化します。
SubdivisionSurfaceからExtrude(押し出し)を選択します。

Cinema4D:Extrude(押し出し)を追加

追加したExtrudeの中にTextを入れます。

Cinema4D:Extrude(押し出し)入れ子に

すると、下記のように押し出された状態になると思います。

Cinema4D:Extrude(押し出し)プレビュー

Capsなどの設定をします。
ここでは下記のようにセットしてみました。

Cinema4D:Extrude(押し出し)設定

そのままCinema4Dを保存すると、After Effectsで3Dテキストが表示されると思います。

AfterEffects:Extrudeプレビュー

3-4.Cinema 4D:テキストの分割

3-3.で3Dテキストのオブジェクトは完成したのですが、アニメーションなど行う場合は1文字づつ分割したほうが使い勝手がいいので、少し脇道に逸れますがテキスト分割の方法をご紹介しておきます。

まずテキストオブジェクトを選択して、「SeparateLetters」にチェックを入れます。

Cinema4D:文字単位に分割

次に、テキストレイヤーを右クリックして、「MakeEdittable」を選びます。
そうすると、またプレビューは3Dテキストではなくテキストを作成した状態に見えるかと思いますが、テキストレイヤーに「+」ができて、文字が分割されていると思います。
「M」と「D」オブジェクトを親の「Text」から出して、親の「Text」を削除しちゃいます。

下記のようなオブジェクト構成にしてください。

Cinema4D:オブジェクト構成

前回、前々回のときも行いましたが基準点が中心でないとアニメーション等やりづらいので、「Mesh」から「Center Axis to」をそれぞれ行います。
「M」と「D」両方選択したまま同時に行うことも可能です。

Cinema4D:軸を中心に

ここまで行えば、Extrudeをコピーしてそれぞれに「M」と「D」オブジェクトを入れてあげれば完成です。

Cinema4D:押し出しの複製

Cinema4D:モデリング完成

3-5.Cinema 4D:Cameraの追加

せっかくなのでカメラを追加しておきましょう。
After Effectsのカメラでもいいのですが、今回はCinema4Dで完結したいと思います。

Cinema4D:カメラ追加

カメラももちろんオブジェクトなので自由に位置、角度、画角など変更可能です。

Cinema4D:カメラポジション

3-6.Cinema 4D:マテリアルの設定、ライトの追加

Cinema4D Liteは3D作成アプリケーションなので、もちろん自由にマテリアルも設定できます。
左下のマテリアルパネルをダブルクリック or 「Create」→「New Material」を行います。

Cinema4D:新規マテリアル

マテリアルの値は適当で大丈夫です。

Cinema4D:マテリアル設定

After Effectsのデフォルトテキストレイヤー、シェイプレイヤーのときも同様でしたが、ライトがないとマテリアルがよくわからないのでライトを足しておきます。

Cinema4D:ライト追加

またマテリアルはプリセットもありますので、それを使うことも可能です。

Cinema4D:マテリアルプリセット

これで完成です。
好みの陰影がつくようにライトを同様に追加したりしてみてください。

Cinema4D:マテリアルプリセット

3-7.Cinema4D Liteの特徴

Liteといえどもれっきとした3Dソフトなので、After Effectsだけで作るのに比べて圧倒的な自由度!

3-END.まとめ

After Effectsとは基本違うアプリケーションのため覚えることは多々ありますが、手探りで弄るだけでも面白い表現が可能なので映像クリエイターの方だけでなくデザイナーの方は試してみて損はないと思います。実際、僕もアニメーション作成時以外でも3DソフトやAfter Effectsで素材作成し、Photoshopで加工等して静的なデザインをしたことも多々あります。

After Effects CC 3Dテキスト作成

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+