本文へジャンプ

大型オートバイに乗る人がジワジワ増えています!

Posted by KEN

MONSTER DIVEに参戦したのが2020年7月で、
10月1日に雑誌メディアとWebメディアの『RIDE HI』を同時スタート!という無茶をはじめた根本健です。

『RIDE HI』No.1, No.2

でも、おかげさまで『RIDE HI』は順調な滑り出し。
何より嬉しいのが、最近乗りはじめたという30代40代のユーザーに、我々の主催するサーキットイベントのBIKE GATHERINGやオートバイ・ディーラーでのBIKE MEETINGでお会いするコト。

何もコロナ禍で、人々が趣味のオートバイどころじゃないそんな時期にとお思いかも知れませんが、実は大型スポーツバイクに乗る人が増えているのです。
しかも世界中で......

なぜいま大型オートバイ人気なのか

あの冷静沈着メルケル首相が、「祖父母とクリスマスを一緒に過ごさせて!」と感情あらわに国民を叱咤した再びコロナ禍に襲われたドイツでさえ、大型スポーツバイクの売り上げは順調に推移しているのです。

ボクが昨年まで出版社を主宰していた台湾でも、今年は前年比120パーセントを越す勢いで大型スポーツバイクが売れています。

台湾といえば人口2,300万人なのに、昨年は500万人もの訪日数という旅行好きな国民性。
これがコロナで海外旅行ご法度となり、国内旅行が半年先も予約でいっぱいといった状況で、大多数とはいえないまでも、見知らぬ土地へ旅するドキドキ気分が味わえるオートバイ・ツーリングに興味が向いたのは間違いありません。

日本もいま自動二輪車の運転免許取得で、教習所が一ヶ月半以上も待たされるという盛況ぶり。

しかも最新のオートバイは、ブレーキのロックを防ぐABSにはじまり、路面状況によってエンジン出力をセーブする電子制御がフル装備される安心感もあります。

詳しくは『RIDE HI』をご覧ください!
全国の書店・オンラインストアで販売中です。

RIDE HI No.2(2021年1月号)

「官能バイク=トラッドスポーツ」名車に出会った人生とそれ以外

RIDE HI 創刊号(2020年11月号)

この刺激を味わうにはどんな作法が必要か


と最後は我田引水するMONSTER DIVEブログデビューでした。

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
乃木坂・六本木 撮影配信スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。