本文へジャンプ

北海道マラソンの旅 2016 〜走るの大嫌いな運動音痴人間がハーフマラソン大会に挑戦することになった話〜

Posted by EMI

どうもどうもこんにちは。運動神経悪いマークアッパー EMIです。
最近社内で軽いヨガレッスンが始まったのですが、体の硬さと筋力のなさをいかんなく発揮しております。ふはは!

ところで弊社、毎年恒例で、北海道までマラソン大会に参加しに行ってるんですよね。

今年は2年ぶりとなる『千歳JAL国際マラソン』に参加してきたMONSTER DIVEの有志たち。なぜでしょう、走るのが大ッ嫌いな私も、ハーフマラソンの部に参加してきたんですよね。不思議ですね。今回はそんなお話です!

ハーフマラソンまでの道

何度も言いますけど、子どもの頃から走るのが大嫌いで、マラソンとかホント死んだふりしようかと思うくらい苦手なんですよね。そんな私が、なぜマラソン、しかもハーフマラソンに参加することになったのか。

なんで?

とある春の日。ツライことがあってひどく落ち込んでいた私は、旅に出たくなっていた。どこか遠くへ行きたくなっていた。だけど先立つモノがない...。
そんな私の耳に入ってきたのは「マラソン大会、ハーフ以上に参加するなら北海道に連れてくよ」という 神の声 参加者募集のアナウンス。

え? 北海道行けるの?

じゃ、走る。

走れるの?

ノリと勢いで参加を決意した私。正直言うと、最初は完走する気がなかったです。参加すればいいんでしょ、途中でリタイアしても北海道には行けるもんね、って。

でもねー。なんなんでしょうねー。いざ参加するとなると、なんだか完走したくなってくるんですよねー。
完走できたら、ちょっとは人生変わるんじゃないかなっ!なんてね。思ったりしてね。

で、完走めざして練習しなくちゃね、ってことで、走ってみるわけですが。

・・・・・走れない・・・・・

そうですよ、私は運動神経悪い芸人を笑えないばかりか胸が痛むくらいに運動できない人間ですよ。そんな走れるわけがないんですよ!!!(逆ギレ)
持ち前の中途半端な負けず嫌い精神でがんばったところで、走れたのはわずか2キロ。あぁ・・これの10倍以上か・・・(白目)

いざ!北海道!!!

そんなこんなで北海道! じたばたしても北海道!!!

大会前日の朝、飛行機に乗って北海道へと旅立ちます。
あれ? 搭乗時間になってもメンバー揃ってないよ? あれれ? 離陸したけどMSTさん(弊社CEO)乗ってないよ??? っていう事件があったことは内緒にしておきますね!

新千歳空港に到着し、息つく間もなく、まずはこちら!

きのとやの極上牛乳ソフト

▲「きのとや 新千歳空港店」にて、Samansaさんオススメの『極上牛乳ソフト』(と、嬉しそうなSamansaさん)。
大きいぃぃぃぃ! 濃厚ぅぉぉぉ! これだけでお腹いっぱいになりましたー!

ソフトクリームをもぐもぐしながら、岡山分室から参戦のArakiさんと合流し、レンタカーを借りて、さぁ朝ごはん♪ 朝ごはん♪ ということで。

たらこ家スペシャル

▲「たらこ家 虎杖浜」で『たらこ家スペシャル』。たらこ美味しいぃぃぃぃ! 痛風とか言わないでねぇぇぇぇ!

腹ごしらえが済んだところで、海を眺めながら、次はどこへ行こうかと思案する。そう、この旅、無計画です!
温泉行きたい、行きたくない、などと議論してる間に、雲行きがどんどん怪しく・・・雨・・・降ってきちゃいました。しかも土砂降り。仕方がないので、一同、近くの温泉へ。入りたくない人はロビーでお留守番(笑)。

新緑を眺めながら浸かる登別温泉、いいお湯でした〜♪

さてさて。次はお昼ごはんですかね。札幌へ移動して、ラーメンと参りましょう!

千寿の味そラーメン

▲「らあめん千寿」で『味そラーメン』。うん。うまい!
ラーメン1杯を2人で食べることが禁じられているお店。そんなルールあるんだ...。

そしてお次はスイーツですよ! ラーメンの直後ですよ! お腹いっぱいですよ!!?

きのとやのオムパフェ

▲「きのとや 大通公園店・KINOTOYA Cafe」にて、この店舗限定の『オムパフェ』とコーヒーを。美味しい♡ でも、お腹くるしいよぉぉぉぉ。すぐあとには晩ごはんが待ってるというのに!(晩ごはんだけは予約済みだったのです)

ぽっこりしたお腹をさすりながら、晩ごはん会場へと向かう一行。くるしい...。
ここでようやく、朝の飛行機に乗れなかったMSTさんが合流。晩ごはんに間に合って良かったですね!と、いうわけで...

今回の参加メンバー

▲ やっと揃った今回の参加メンバー(これが唯一の集合写真でした...)

ジンギスカン

▲「サッポロビール園 ガーデングリル」でジンギスカン!
真剣なお顔でお肉を焼いてる腹ペコMSTさん。対して私は・・・先生! もうお腹がくるしすぎてお肉が食べられませんんんん!

MSTさん「食え!」(容赦ない)

マラソンしに来たはずなのに、なんだこの過酷な食べ歩きツアー! 人生で一番ってくらいにお腹くるしかった><

男性陣はさらにこのあと、恒例?の『つっこ飯』(詳しくは2014年のレポート2013年のレポートを参照)を食べに行ったそうですが、女性陣はここで脱落しておきました。だって、翌朝マラソンですよ?っていうかもう、走れる気がしないんですが...。

【YouTubeで見る】

▲ 2016年の『つっこ飯』

いざ!マラソン!!!

そんなこんなで大会当日! 泣いても笑っても大会当日!!!

えーとですね、起きた時からですね、お腹がいたいんですよね。何かを食べるとお腹がいたくなる。水を飲んでもお腹がいたくなる。ひどい...。
加えて、この日の朝はお天気がイマイチ。雨は降ってないものの、すごく寒い!暑すぎるよりはいいけれど、スタート時間まで凍えてました。ぷるぷる。

スタート地点

▲(見た目は)爽やかなスタート地点。ここからしばらく、こういう緑の中を走るのです。気持ちいい。北海道はまだ新緑の季節なんですねー(東京はすでに深緑)。

さぁいよいよです。私にとって人生初のハーフマラソン。ドキドキ。
直前の練習結果から導き出した予想タイムは4時間〜4時間半。がんばって5キロ走ったあとは、歩いたり、また少し走ったり。後半はほとんど歩くであろうという予測です。4時間なんて、歩いてもゴールできるよ!なんてバカにされたりもしましたが、どう考えてもそれくらいかかる計算だったんですよねぇ。

(中略)そして、結果!

気が付けば、どんよりしていた空は快晴に変わっていました。

全員、無事、完走!!!

予想タイムが4時間とかだった私の記録はと言いますと。なんと。2時間41分。すごくないですかコレ!? いやホントものすごいがんばったんですよ! 人生で一番がんばった! もう死んでもいいと思った。悔いはない。
そんな、人生で一番がんばった私に...

MSTさん「嘘つきーー!!!(笑)」(4時間かかると言ってたことに対して)

ゴメンナサイ...なんとマラソン歴10年のMSTさんより先にゴールしてしまっていたのでした...(ほんのちょっとですけどね)。
あれですよ、あれ、ビギナーズラック。きっとそうですよ。

走り終えた、そのあとは...

お腹がすきましたね。がんばりましたからね。ごはん食べたいですよね。

スープカレー

▲「ケムリ(kemuri)」で『10種の素揚げ野菜』のスープカレー! 小ライスにしたのにすごいボリュームたっっっぷり! お腹くるしいぃぃぃ...でも美味しかったぁー!!

その後、温泉にも行きたかったのですが、残り時間が微妙ということで空港に直行。のんびりとお土産を物色したのちに集合したのはこの場所。

塩バターラーメン

▲「旭川ラーメン 梅光軒」の『塩バターラーメン』で北海道グルメを締めくくります。 さすがにもうね、お腹いっぱいどころじゃなくなっていて、お土産を選ぶのにも意欲的になれないくらいのお腹ぐあいだったので、ここは控えめにハーフサイズにしておきました。お腹はいたくても、ラーメンは間違いなく美味しかった!

そうそう、走る前から膝の不調を訴えていたFujiwaraさん。足を引きずりながらも完走したのはホントすごい!サスガです。でもその膝、完全に故障しましたね...。空港に着く頃には歩くことさえままならず、ついに、車イス発動!(笑) いや、笑いごとじゃないんですけどね。本当にね。

車イス発動

無理はしすぎちゃあいけませんぜ...。

まぁ、なんとか全員無事に家まで帰れましたし、素晴らしい グルメ マラソン旅行でしたね! いろいろありましたね! 楽しかったですね! くるしかったですね!
え? 来年? もう嫌です!!!

後日談

今回参加しなかった先輩 「よく走ったねぇ・・・いやぁ・・私はぜったい無理だなぁ・・走れないよ・・・」

私  「人間、やればできると思うんですよね!(キリッ」

先輩 「えー・・無理だよぉー・・・」

先輩 「あ、EMIさん、この案件の担当、EMIさんにしたから、よろしくねー」

私  「えっ・・・人間には、できることとできないことがあるのですよ(キリッ」

先輩 「・・・・・」

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
2018年度 新卒採用 Webデザイナー/エンジニア、プロデューサー/ディレクター募集
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
Share this on
Facebook Twitter Google+