本文へジャンプ

いま注目されているカテゴリーのバイクがあります!

Posted by TKS

MEDIAプロダクション事業部のメンバーとして、バイクメディア『RIDE HI』を担当しています。
初めてのブログ記事になりますが、テーマはもちろん"バイク"です。

ご存知のように、バイクは様々な種類のものが発売されています。排気量の違いからはじまり、ロードモデルやオフロードモデルなど、本当に多種多様なラインナップが存在しています。さらに日本の4大メーカーに加え、現在では海外メーカーのバイクも一般的に手に入れられるようになっています。

こうした多種多様なバイクの中で、いま注目されるカテゴリーのバイクがあります。それはスーパーミッドと呼ばれるミドルクラス(中間排気量)のネイキッドバイクです。おおよそ600cc〜1000cc以下の排気量を持つバイクのことで、ここ最近魅力的なものががぜん増えているのです。

スーパーミッドモデル

軽くてスリム、スポーティなスーパーミッドモデル。一昔前とは異なり、中間排気量といっても排気量が1000cc近くもあるバイクも存在する。大排気量のハイエンドモデルに比べて、入手のしやすく、本格的な走りを楽しめる。


実はこのクラスのバイクは、数年前まではそれほど注目されていませんでした。なぜなら、日本では大型二輪免許を取ればより大排気量車を手に入れる人が多く、それこそ「中間」のバイクであり、不人気バイクゆえ、メーカーもあまり力を入れておらずラインナップも少なかったのです。また海外では、入門者向けのクラスの排気量として捉えられており、コストをかけていない作りのものが多かったのです。

ところが、ここ数年で各メーカーがこぞってこのクラスのバイクの開発に力を入れ始めました。この傾向は特に海外メーカーにおいて顕著で、かなり本気で作っていることがうかがえるのです。

ではスーパーミッドと呼ばれるこれらのバイクのどこに魅力があるのでしょうか? ざっくりとですが、いくつか挙げてみましょう。

1:軽く作られている

いわゆる車両重量がとても軽く、スリムに作られています。乾燥重量で160kg台、ガソリンやオイルなどを含む、走行可能な状態で180kg台と、これは日本の400ccクラスと同等の数値です(ちなみに1000ccを超えるネイキッドバイクの場合、210kg以上の車重となることが一般的)。軽ければ、日常的な取り回しにも苦になりにくく、スポーティなライディングにも繋がります。

2:電子制御デバイスがハイエンドモデルに匹敵

近年のバイクには、たとえばスロットルを開けたときにリヤタイヤのスリップを制御するトラクションコントロールといった、数多くの先進の電子制御システムが装備されるようになっています。こうした装備はいままで大排気量のハイエンドモデルが主でしたが、それに匹敵する高い精度を持つ電子制御システムが搭載されています。

3:スポーツ性の高さ

バイクの魅力のひとつにスポーツ性があります。いかに楽しく、ライディングに没頭できるかはとても重要。スーパーミッドには、前述したような軽量でスリムであることや電子制御システムを搭載することで、スポーツライディングを堪能できる内容に仕上がっています。

スーパーミッドの魅力はこういったところといえますが、それぞれのメーカーらしさを表した個性的なデザインとなっていることも特徴といえるでしょう。


DUCATI MONSTER

DUCATI MONSTER/イタリアメーカー、ドゥカティの人気シリーズ「モンスター」の最新作。排気量は937cc、最高出力111ps。車重は乾燥で166kg。価格:144万5,000〜


KTM 890 DUKE R

KTM 890 DUKE R/KTMはMotoGPでも活躍するオーストリアのメーカー。890デュークRは排気量889cc、最高出力121ps。車重は乾燥で166kg。価格:146万9,000円


TRIUMPH TRIDENT 660

TRIUMPH TRIDENT 660/イギリスのトライアンフが誇る3気筒エンジンを搭載する。排気量は660cc、最高出力81ps。トルク重視のエンジンが魅力。価格:97万9,000円


MV AGUSTA SUPERVELOCE 800

MV AGUSTA SUPERVELOCE 800/美しいスタイルを生み出すMVアグスタはイタリアの老舗。スーパーベローチェの排気量は798cc、最高出力148ps。価格:249万7,000〜


YAMAHA MT-09

YAMAHA MT-09/排気量890ccの並列3気筒エンジンを搭載するヤマハMT-09は、日本でも人気が高い。'21年モデルは全面刷新され、まもなく国内モデルが発表される


ちょっとマニアックだったかもしれませんね。
バイクは自分が気に入ったものを手に入れるのが一番ですが、大型二輪免許を取得し、さて何にしようかな? と思っているのなら、今回紹介するカテゴリーのバイクを考慮してみるのも良いのではないでしょうか。

昨年創刊したばかりの雑誌『RIDE HI』は、4月1日にNo.4が発売されます。上記で紹介しているようなバイクはもちろん、バイクを楽しむ上で役立つ情報が満載です。
ぜひご覧ください!

※記載の価格は本稿執筆時点のものです。

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
乃木坂・六本木 撮影配信スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。