本文へジャンプ

Adobe captureでデザイン作業が捗る。

Posted by Mizue Yokouchi

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図1

フリーのイラストや手書き風フォント、ブラシ・パターンはたくさんありますが、やっぱりデザイナーとしてはイチから作りたい!!
でも、手書きのイラストをベクターデータに変換しようとなると、スキャンしてそれをペンツールでトレースしていくのは時間がかかります。
そんな時に役立つのは、Adobe社の「Adobe capture」です。

Adobe captureとは、イラストをスマホから簡単にベクターデータに変換できたり、オリジナルのブラシやパターンが作成できる、また、気になるフォントがあれば画像からフォントを類似フォントを検索してくれる、iPhone/iPad,Android端末用アプリです。
アプリは無料ですがAdobeのアカウントが必要になります。

機能としては以下のようなものがあります。

  • 文字 ...
    気になるフォントの画像から文字スタイルとして編集できる書体を探してくれる。
  • シェイプ ...
    画像(イラスト)をベクターデータに変換してくれる。
  • パターン ...
    カメラを使用してプリズムのようなパターンを作れる。
  • ブラシ ...
    IllustratorやPhotoshop、Adobe Sketchで使っているブラシを作れる。
  • カラー ...
    写真から色をカラーパレットに保存できる。
  • マテリアル ...
    テクスチャを抽出できる。Adobe Dimensionから編集できる。

Adobe captureの機能を、使用頻度の高い順から操作方法を説明していきたいと思います。

シェイプ機能

写真やイラストをベクターデータに変換する機能。
アプリを起動してログインして、メニューのシェイプを選択します。
カメラアイコンをタップして、ベクターデータとして扱いたいイラストを撮ります。
スマホに保存している写真を使用したい場合は写真アイコンをタップします。

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図2

調整で不要な部分を消しゴムで消すことができます。
切り抜きやスムースもあります。
スムースをオンにすると滑らかな線になります。

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図3

SVGで保存できます。
右側にあるアイコンをタップするとIllustratorやPhotoshopで開くことができます。

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図4

文字機能

  1. 街中で気になるフォントがあった時に便利な機能。
    気になるフォントを青いラインに合わせ撮影します。
  2. 類似するフォントが表示されます。
    気になるフォントをチェックしてライブラリに保存できます。

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図5

カラー機能

写真から色を抽出してカラーパレットを作成できます。
ポインターで抽出したい色を選択できます。

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図6

編集画面ではスウォッチ、ハーモニー、画像で調整ができます。

  1. スウォッチ ...
    RGB、CMYKの調整が可能です。
  2. ハーモニー ...
    補色や類似色などに変換してくれます。
  3. 画像 ...
    カラフル、ブライト、ディープなどのカテゴリに合った色を抽出してくれます。

カラーパレットはライブラリに保存されるのでIllustratorやPhotoshopなどで利用できます。

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図7

ブラシ機能

画像からブラシを作成できます。
Adobe SketchはRGBカラー、白黒を使用できますが、IllustratorやPhotoshopは白黒のみです。
また、Adobe Sketchではノイズやアンチエイリアスなど細かな設定ができます。

Adobe captureでデザイン作業が捗る。 - 図8

パターン機能、マテリアル機能

パターンは万華鏡のようなパターンを作成することができます。
マテリアル機能は、3Dのテクスチャを作成できます。
AdobeではDimensionのみで使用できます。

まとめ

UI部分はとてもシンプルで直感的に操作できます。
オンラインであればIllustratorやPhotoshopですぐに編集でき、ライブラリに保存されるのが魅力的でした。

シェイプは、明度をはっきりさせないとベクターデータとして認識してくれない部分がでてきます。
シェイプは頻繁に利用する機能なので覚えておくといいと思います。
ブラシやパターン、マテリアルは用途が限られてくるので、使用する頻度は少ないかもしれません。

Adobe captureを活用してよりよいクリエイティブなものづくりをしたいですね。

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。