本文へジャンプ

「ライトニングトーク(LT)」を成功させるために実践すべきポイント

Posted by Masatoshi Suginaka

「ライトニングトーク(LT)」を成功させるために実践すべきポイント

マスクつけているのは花粉症だからなの!!と、タイムリーな一言を言いたいディレクターSUGです。

唐突ですが、みなさん、自分が伝えたいことちゃんと伝えられてます?
私は、気持ちタイプなので「情熱でカバー」というのは嫌いじゃないですが、こと仕事の場となると、それだけでは上手くいきませんよね。

「社内の企画でもっとわかりやすいプレゼンができてれば...」
「クライアントへの提案で、資料は完璧なのに、トークがつまづいてしまった...」
などなど、皆さん経験があるかと思います。

今回は、プレゼンの訓練にも用いられる「ライトニングトーク(LT)」を学びつつ、LTを成功させるためのポイントをまとめてみようと思います。
これがうまくできれば、大事なプレゼンにもきっと活かせるはずです。

そもそもLTとは?

ライトニングトーク

ライトニングトーク(英: Lightning Talks)とはカンファレンスやフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。
参照元:Wikipedia

時間内に要点まとめて発表しないと、発表途中だろうが制限時間をオーバーすると 風船が割れて粉まみれ 強制終了になる、といったような時間ルールがあるプレゼンテーションです。

「短いプレゼン。」
これが一番わかりやすいですね。(笑)

LTの事前準備

1. テーマ選定

まずは、何を語るか。
当たり前ですが、テーマがなければ話せないですよね。
テーマは「自分の好きなモノゴトで、それの些細なところ」にするのが良いそうです。
5分という限られた時間で風呂敷を広げすぎると、時間に収まりません。

「スーパーとコンビニの〇〇〇〇カップラーメンの違いについて」

といったように自分の些細なこだわりを語ることが、LTでは大事です。

2. 台割構成

テーマが決まったら、語る台割(大筋)を構成してみましょう。

  • タイトル
  • 自己紹介
  • 題目
  • メイン
  • まとめ

上のように大筋を立てるでもいいですし、もう少し細かく割ったアウトラインでもいいですが、最初から資料を作ってしまうと、まとまりがない状態になってしまうので気をつけましょう。
また、流れとして「結論やアウトラインを先に話す」ほうが、聞き手に印象付けられるようです。
かのスティーブ・ジョブズも、新商品発表などの場ではこのような手法をとっていました。

3. 資料作成

PowerPointやKeynoteを用いて資料作成を行うことが多いですね。
発表の場によっては、共用PCを使う場合もあるかもしれませんので、その場合にはPDFに書き出しておきましょう。

事前に、発表の場がどういった場所なのか、映し出すものはプロジェクターなのかモニターなのか、比率は16:9なのか4:3なのか、なども確認することが大事です。たっぷり時間をかけて資料を作っても、いざ発表の場で画面の比率が違ったら、恥ずかしいですしね。

では、台割で作成した構成で、それぞれのページを作ります。
ページを作っていく上での注意点をまとめてみます。

  • 要点を1つに絞ってまとめよう。
  • ページの中に文字を詰め込みすぎないようにしよう。
  • 長くなってしまいそうなで説明はイメージで代用しよう。
  • 複雑な専門用語は極力使用しないようにしよう。

例えば「ほうれん草」のプレゼンで、「出荷量を伝えるページ」を作るとした場合、

文章だけの例

資料提出だけだったらまだよいですが、このように文章だけで伝えても、印象には残りません。

より印象をつけるためには、数字の強調やイメージでページを作成してみましょう。例えばこんな感じです。

数字とイメージの例

これでも要素が多いかもしれませんが、文字だけのページとは全く印象が違うはずです。

これ以上の伝えたい内容は、声で伝えれば良いので、「言葉」と「資料」のバランスをとって印象付けましょう!

ほうれん草出荷量のテキスト参照元:農林水産省

4. あと練習あるのみ!!

言葉を声に出して、繰り返し練習あるのみです!
頭の中のイメトレは役に立ちません!

なぜLTをやる必要があるのか

大きくはこの2点かと思います。

自分が伝えたいことに対して、まとめる力がつく

人前で喋る練習の場


私も人前で喋る時は、すごく緊張して、早口になる傾向があります。
特に、話がまとまっていないときは、ほんと、早口になりますね。(笑)

できるときにできることをやるんだ。それが今だ。

『あの頃ペニー・レインと』という映画の名言を使わせていただきましたが、みなさん、是非、「LT」をやってみましょう。

最後に

実は、社内イベントとしてLT形式のプレゼンテーションを企画しています。
私が、そのプロジェクトのリーダーということもあり、今回このような記事を書かせていただいた次第です。
イベントが無事に開催されましたら、改めてレポートとしてお伝えさせていただきます!

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。